当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

現役女子大生とランチする、の巻

第256回 平成28年(2016年)3月19日(土)

 今年の1月末から、ブログ作成欲の著しい低下に見舞われました。それで、1月27日のブログでは、何の説明もなく、ただスパゲッティとケーキの写真を載せるだけ、という謎の記事もアップしました。

 

 もしかしたら、それを見た私の心優しきお友達の中には、(大丈夫かな〜、具合でも悪いのかな〜)と思ってくださった方もいるかもしれません。

 

 実は、その写真は、とある現役JD(女子大生)と東京・池袋でお食事をした時に撮った写真だったのです。

 

 と聞いて、(な〜んだ!心配して損した。そんな楽しいイベントがあったんですね〜。女子大生とお食事って、そんな人がいたんですね〜)と思われた方もいらしゃるかもしれません。

 

 実は、その現役JDというのは、私のブログの師匠的存在である、まる2005さんのお嬢さんだったのです(どうせ、そんなことだろうと思った、という声がブログの向こうから聞こえる〜^_^;)。

 

 まる2005さんのお嬢さんは、難関の公務員試験に合格し、この4月から社会人。昨年の12月の冬至の日のブログで、そのお嬢さんから入浴剤とタオルのプレゼントをいただいた、と書きましたが、そのお礼も兼ねて、まる2005さんと、当ブログのタイトルのきっかけにもなっているロシア語ができる元後輩女子社員の元JDお二人と、元DD(男子大生)の私の4人で、ランチをしたのです(*^_^*)

 

👇これが、1月27日のブログに載せたスパゲッティの写真です。お店の名前とかメモするの忘れたのですが、まる2005さんもブログに書いていて、それによると『ギオットーネ』というお店だそうです。たしか、ナスとなんとかのパスタ、的なやつだった気がしました。大盛り無料だったので、とりあえず大盛りに(^_^;)

f:id:tamuraic:20160126181312j:plain

 

👇そして、ケーキの写真はこちら。こちらは池袋丸井にある『アラカンパーニュ』というお店でした。栗のケーキです(^o^)

f:id:tamuraic:20160126181331j:plain

 

 それで、「年末のプレゼントのお礼」兼「卒業祝い」兼「就職祝い」ということで(兼ねすぎだろ!ってツッコミはなしでお願いします^_^;)、お嬢さんに何かプレゼントをしようと思い立ちました。

 

 でも、現役JDにプレゼントした経験なんてないから、何をあげようか、皆目見当もつきませんでした。

 

 私は、誰かに何かをあげる時は、たいてい無難なお菓子などの”消え物系”が多いのですが、毎回それだと芸もないと思い、ちょっとしたクッキーと、公務員はいろいろ勉強することも多いだろうから、と、図書カードを贈ることを思いつきました。どーです、プレゼントに迷ったら金券系、という力技(^_^;)

 

 プレゼントに金券は味気ない、と思う人もいるかもしれませんが、気に入らない物をもらってゴミになるよりは、金券の方が環境にも優しいし、あげる人ももらう人も嬉しいwinーwin系なんじゃないかな、と勝手に思ってます。どんなに綺麗事言っても、先立つ物はゼニですから(あれ?なんか話が変な方向に…)

 

 ということで、新宿タイムズスクエア(南口)にある紀伊國屋書店で図書カードを購入です。

 

👇紀伊國屋書店で「ギフト用」と言ったら、紀伊國屋オリジナルの包装紙を、たしか12種類提示されました。いや〜、私、自分の力のなかで、決断力が最も非力なんです。もう訳が分からず、筆頭にあったのをチョイスしました。でも、切り絵風のお洒落なやつでしょ?

f:id:tamuraic:20160318110324j:plain

 

👇カードの券面は、絵画シリーズとピーター・ラビットシリーズがありました。なんとなく、社会人になる人だから、高級感のある絵画シリーズ(ルノアール)にしました。

f:id:tamuraic:20160318110315j:plain

 

👇電車に乗ってたら、図書カードの広告がありました。

f:id:tamuraic:20160318110305j:plain

 

 ところで、就職も決まったお嬢さんは、今が人生で旅行に行ける最大のチャンスとばかりに、台湾に京都にイタリアに仙台にシンガポールに大阪にスペインにと、まさに世界一周旅行ばりの卒業旅行に出かけてるそうです。

 

 それで、今になって4月から社会人になるのが憂鬱に感じ、「ずーっと大学生でいたい」なんて言ってるそうなんです(^_^;)

 

 私は、大学時代が人生で最も暗黒時代なので(というか、42年間で楽しい時代って、ほとんどないんですけどね^_^;)その感覚は分からないんですが、確かに働くのって、嫌ですよね〜。

 

 でも、ずっとお友達と遊んだり、旅行行ったり、という生活を一生続けるのも、なんか途中で飽きてしまいそう。

 

 やっぱり人間って、主体的な生き物だから、ただ消費してる人生、っていうのもつまらなくなるんじゃないかな、なんて思うんです。

 

 仕事って、確かにイヤなこと満載なんだけど、でも、生産活動(もちろんサービス業も公務員も含む全ての職業)に従事するのって、学生時代の”ごっこ遊び”では体感できない、リアルに社会と繋がってる感、経済を動かす一員になってる感があって、それは何にも代えがたい物ですよね〜。

 

 まる2005さんのお嬢さんが就職するところは、すごく大変な(多忙な)職場らしいんですが、自分を見失わず、楽しんで仕事をしてほしいな、と願ってるんです。