当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

東京・阿佐ヶ谷の馬橋稲荷神社で御朱印&願かけ狐をいただきました(^o^)

第253回 平成28年(2016年)3月16日(水)

(昨日の続き)さて、お参りも終えた私は、肝心の御朱印をいただくことにしました。

 

👇拝殿に向かって右手に、立派な社務所がありました。が、窓が閉まっていて、人もいませんでした。土曜日の午前中に伺ったのですが、他の参拝客の方もほとんどいなくて、住宅街の中、ひっそりした感じの神社でした。

f:id:tamuraic:20160313222342j:plain

 

👇こんな張り紙がありました。結構、夜遅くまでやってるんですね〜。でも、改定前は何時から何時だったんでしょうか?そちらも気になりました^^

f:id:tamuraic:20160313222332j:plain

 

 横にあったインターホンを押すと、ものすごい大音量のチャイムが辺り響きました(^_^;) 周りにいた参拝客の方も、驚いてこちらを見ていました。随神門の鈴といい、拝殿の鈴がいっぱいついた紐といい、静粛な中に音を響かせるのが好きな神社っぽいですね〜^^

 

👇いただいた御朱印です。初穂料は「お気持ちで」。こちらの男気が試される料金設定です。私は、他の神社の相場に従い、300円を収めました。シンプルながら、達筆の立派な御朱印です。

f:id:tamuraic:20160313222737j:plain

 

👇お札、お守りもたくさんありましたが、そんな中「願かけ狐」という授与品がありました(^o^)

f:id:tamuraic:20160313222322j:plain

 

 お稲荷様ということで、神様の使いである狐がモチーフになっている置物です。お願い事を書いた紙を狐の中に入れて、神社の所定の場所に置いてくるか、家に持ち帰って神棚に飾るのもアリだそうです。

 

👇ヒゲがあるのがオス、ないのがメスだそうです(^_^;) とりあえず、私はオス(男)なので、オスをチョイス。でも、そもそも、狐のメスって、ヒゲ生えてなかったですっけ?^^

f:id:tamuraic:20160313222313j:plain

 

👇紙が入れられるように底に穴が空いていました。

f:id:tamuraic:20160313222302j:plain

 

👇拝殿の左側に、お願い事が書ける机とボールペンが置いてありました。

f:id:tamuraic:20160313222550j:plain

 

👇まる2005さんはシークレットでしたが、私はお願い事全面公開です。当ブログを突然休止したり、タイトルを変更したりしてきましたので、その反省も込めて「むらっ気の性格が無くなりますように」と書きました(^_^;)

f:id:tamuraic:20160313222536j:plain

 

👇書いた紙をくるくる巻いて、底の穴に入れました。

f:id:tamuraic:20160313222523j:plain

 

👇それで、机の隣にある大きな狐の石像のところに置くようになっていました。でも、先客で満員状態、上の方には重なるように置かれていました。

f:id:tamuraic:20160313222509j:plain

 

👇中には、背中で甘えている狐も!メスどうしですけど(*^_^*)

※偶然、こうなっていたのを撮りました。当然ながら、ブログに載せるために、私がわざと細工したんじゃありませんよー。

f:id:tamuraic:20160313222456j:plain

 

👇それで、反対側を見ると、拝殿の右側にも同じような狐の石像がありました。

f:id:tamuraic:20160313222806j:plain

 

👇こちらは下の段がまだ入居に余裕がありました。

f:id:tamuraic:20160313222756j:plain

 

👇お隣、失礼しまーす、って感じで、置いてきました*\(^o^)/*

f:id:tamuraic:20160313222746j:plain