当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

ブログを続ける意義について考える

平成28年(2016年)1月20日(水)

(昨日の続き)

 私がブログを始めたのが、2012年10月。当時は、無職で、一人暮らしで、連絡手段は郵便と電話とFAXと電子メールしかありませんでした。

 

 そんな生活ぶりを心配してくださった心優しきお友達に、手軽に生存をお知らせする手段として、ブログを選んだのです。

 

 その後、一人暮らしというのは変わらないものの、仕事もするようになったし、スマホも持って、LINEやTwitterもやるようになって、生存確認というブログの役割は終わりました。

 

 それじゃ、なんで今もブログを続けているのか?この意義は、正直よくわからなくなっています。

 

 当ブログをあえてジャンル分けするとすれば、「個人の日記ブログ」となると思います。でも、実は私は「日記ブログ」だと思って当ブログを運営していないんです。

 

 日常生活があまりに寂しい、ということもありますが、日常生活をブログに記載するのではなく、ブログのために日常生活を作り出している、という意識です。ベクトルが「日記ブログ」と逆なんです。

 

 どちらかというと、感覚としてはユーチューバーに近いと思います。自分の中の意識では、「メディア・コンテンツ・クリエーター」といった感じでいるんです(^_^;)

 

 だから、昨日のブログでも書いたように、ブログのために、コンテンツを無理やり作ってる日常、という感じになってしまっているんです。

 

 当ブログをいつも読んでくださっている方はどう思われているかわかりませんが、こんなブログでも、作成にはかなりの時間を割いています。

 

 単純に、一つの記事を書くにも、どんなことを書こうか構想して、文章を書くのも慣れていないので、スラスラ書けるというわけにもいかず、書いた後も何度も見直し手直ししているので、何時間もかかってしまうんです。

 

 それに、ブログネタを集めるために、夜勤明け寝ずにいろんなところにお出かけしたりもしています。

 

 さらに、普段の生活時間はもちろん、仕事している間も、(今度のブログ、どんなこと書こうかな〜)と考えたりして、1日のうち、ブログのために使っている時間、心奪われている時間はかなりのものになると思います。

 

 将来的にライターになるとか、文筆業で身を立てる、という目標があればいいのですが、3年間ブログをやってきて、文章を書いたり、情報発信することを生業(なりわい)にするのは、性格的、能力的に、私には無理だと思ってます。

 

 つまり、当ブログを続けることに、今や大義名分がほとんどなくなってしまっているのです。

 

 もちろん、お友達の中には、私のブログ楽しみ、と言ってくださる方もいますが、それならLINEやTwitterでも十分代替可能です。

 

 初対面の方にも私の人となりが端的にわかる手段として、名刺代わりのブログ、という位置付けも考えられますが、それもTwitterで代替可能。

 

 となると、当ブログを続けていく意義って…となってしまいます。

 

 それで、この3月で、2年契約していた「はてなブログPRO(有料プラン)」の期間が終了します。ここで、契約を更新しないでおこうかな、と昨年末から考えていました。

 

 契約しないと言っても、有料プランを解除するだけで、はてなブログのアカウントは残りますので、ブログ自体が消えるということはないのですが、ブログの運営は、それを機にスパッと辞めようかな、と構想しています。

 

 せっかく続けてきたのにもったいない!という気もしますが、当ブログに将来的な展開がない以上、ただ惰性で更新を続けていくのは、ちょっと時間の無駄かな、と思ってます。

 

 これが、定年退職して余生を送るような年齢なら、趣味としてブログを続けていく意義もありますが、私は中途半端に若いというか、人生にもうワンチャンスかツーチャンスぐらいはあるかな、などと考えていて、ブログではなく、その目標のためにもっと時間を割いていくべきかな〜、なんて考えているんです(*^_^*)