当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

みなさんは甘党ですか、辛党ですか〜?【アメブロ・アーカイブス・シリーズ】

平成28年(2015年)1月9日(土)

 年が明けて、早くも1週間ちょっとが過ぎました(^o^)

 

 さすがに、もうお屠蘇気分も抜けられたと思います。

 

 でも、まだまだこの先、新年会の予定が入っている方も多いかと思います。年末年始はお酒を飲む機会も多く、お酒好きの方には、たまらない季節なんでしょうね〜(^ ^)

 

 2年半前の旧ブログで、こんなことを書いてました。

〜旧ブログ『THE タムラ★ニュース』の2013年7月25日の記事です〜

 ちょっと前インターネットのニュースで、最近、「辛党(からとう)」という言葉は、辛い食べ物、つまりカレーとかキムチとか、そういうスパイシーな食べ物を好きな人たちのことを指す、という解釈が増えている、というのを見ました。

 

 「甘党(あまとう)」は、お菓子・スイーツが好きな人たちを指しますが、それに対し「辛党」とは本来、お酒が好きな人たちを指す言葉なのです。

 

 たいてい、甘いものが好きな人はお酒は苦手で、お酒が好きな人は甘いものが苦手、と相場が決まっています。先日の参院選は自民党の一人勝ちで、政治の世界では、日本にはやっぱり二大政党制は定着しないのかなぁ~、なんて思ってしまいましたが、我々一般庶民にとっては、「甘党」と「辛党」の二大政党制はしっかり確立してますよね~。

 

 私は、見た目は、いかにも酒好きのビールっ腹中年男性、といった感じなんですが、実は、お酒はそれほど好きではないんです。「甘党」と「辛党」の二大政党制で言ったら、私は完全に「甘党」に所属し、しかも幹事長クラスの、大のお菓子・スイーツ好きなのです。

 

 最近は、お酒好きな女子、スイーツ好きな男子が増えていてますよね~。昔(我々の親の世代)だったら、男でお菓子好きだとか、若い女子で酒好きだとかいうのは、ちょっと言うのがはばかれる、という風潮があったかもしれませんが、今やジェンダーフリーの世の中、性別に関係なく、個人個人が好きなものを好きなように食べたり飲んだりしていいという、いい時代になった気がしますね~。

 

 この記事中にもあるように、いまだに私は甘いものが大好きです(^o^)

 

 でも、先日、実家に帰省して、「お酒って、美味しいな〜」とも感じました(^_^;)

 

 うちの両親は「甘党」にも「辛党」にも所属していて、甘味もアルコールも大好き。それで、私も一緒に毎日、日本酒やビール、ワイン等を飲みました。

 

 私も40過ぎて、ちょっと味覚が変わったのか、とくに日本酒が美味しいな〜、と思いましたね〜。もちろん、新潟県の地酒は美味しい、というのもあるんですがね〜(*^_^*)