当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

中国で一番画数の多い漢字で書き初めです(^_^;)

平成28年(2016年)1月2日(土) 初夢 書き初め

 今日は書き初めですね〜(^o^)

 

 私は、ずっとずっとお習字(書道)を始めたいな、と思ってるんですが、なかなか始めることができていません。今年こそは始めたいと思ってます(*^_^*)

 

 そんなわけで(?)、今は書道の道具は何もないので、筆ペンで書き初めをしたいと思います(^_^;)

 

 それで、なんという字を書こうかな、と思ったんですが、昨年11月にインターネットのニュースで、「中国で一番画数の多い漢字」というのがちょっとした話題になっていました。

 

 その漢字は、なんと一文字で画数が58画もあるんです!その字で書き初めをしたいと思います(^o^)

 

?それがこの字です(≧∇≦)

f:id:tamuraic:20151229171852j:plain

 

 この字は「ビャン」と読み、陝西省で食べられている、山梨県の郷土料理「ほうとう」のような見た目の「ビャンビャン麺」という料理があり、それを表すためだけに使われる字だそうです(詳しくは、ウィキペディアの「ビャンビャン麺」の項目で)。

 

 確かに画数は多く、最後に「しんにょう」で包むのがバランスが取りにくかったですが、一つ一つのパーツは、日本でもおなじみの漢字ばかりなので、その点では書くのが難しい、ということはありませんでした(覚えるのはたいへんですが^_^;)

 

?一文字で「ビャン」と読むので、「ビャンビャン麺」とフルで書くと、こんな感じになります(>_<)

f:id:tamuraic:20151229171900j:plain

 

 それで、私も、創作漢字を作りたくなり、次のような漢字を作り出しました。なんて読むと思いますか?(^o^)

f:id:tamuraic:20151229171907j:plain

 

 「丼(どんぶり)」の中に「汁」があり、下には「麺」、その上に「叉焼(チャーシュー)沢山」、「長葱(ながねぎ)刻(きざみ)」「麺麻(メンマ)」が乗ってるんです。

 

 そうです、この一字で「チャーシュー麺」と読むんです。なんと画数106画!!(≧∇≦)

 

 でも、よく考えてみれば、フツーに「叉焼麺」(総画数31画)って書けばいい、って話ですよね〜。失礼しました(*^_^*)

 

 創作漢字を作ってたら、チャーシュー麺が食べたくなってきました!

 

?福島県郡山市が発祥のラーメン店チェーンの「中華そば 幸楽苑」新習志野店に行きました!

f:id:tamuraic:20151228070059j:plain

 

?「豚バラチャーシュー麺」590円+税をオーダーです(≧∇≦)

f:id:tamuraic:20151228070050j:plain