読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



年末年始のルーティーンの消化は、順調ですか〜(^o^)

平成27年(2015年)12月29日(火)

 今年もあとわずか。みなさんは、年末年始のルーティーンは決まったものがありますか〜。

 

 各地域、各家庭、各個人でまちまちだと思いますが、一般的に12月13日は「正月事始め」と言って、正月飾りや大掃除を始める日、とされてきました。だから、先週のブログで人形町商店街では早くも「謹賀新年」の提灯飾りがされている、と書きましたが、従来の日本の風習からすると、むしろ正しいんです。

 

 ただ、現代社会は忙しいのに加え、クリスマスという行事が定着化したため、26日以降に正月準備に取り掛かる、ということが多いんじゃないでしょうかね〜。

 

 正月飾りについては、31日の大晦日は「一夜飾り」と言って、しちゃいけない、ということになってます。お正月に歳神様をお迎えするのに失礼だ、という言い伝えです。

 

 また、人によっては、今日29日も縁起が悪い、ということで避ける方がいらっしゃいます。これは、9が「苦」につながる、という発想から出た言い伝えです。

 

 私個人としては、6月のブログで、厄年の年齢も語呂合わせで決まってる、と書きましたが、この手のオヤジギャク的縁起担ぎが大嫌いなんです。

 

 4も「死」につながるから忌み嫌う風潮がありますけども、どうして「幸せ」の「し」だと考えられないんでしょうか?9もどうして「福が来る」の「く」だと考えられないんでしょうかね〜。

 

 そもそも、4を「死」、9を「苦」などとネガティヴ前提の発想しかできないから、いい運気が巡ってこないんじゃ、と個人的には思ってます。

 

 だから、今日29日も気にせず、お正月の準備をしてくださいね。でも、さすがに大晦日にお正月の準備をするのは慌しすぎるので、30日までに終わらせるのがいいと思います(^o^)

 

 きちんとした方なら、元日に初詣行ったり、三が日に新年の挨拶回りに行ったり、また、2日は書き初め、7日は七草粥、11日は鏡開き、15日は小正月と、年末年始のルーティーンはまだまだ続きますよね〜(^ ^)

 

 私の年末年始のルーティーンは特に決まってないんですが、この時期は来年のカレンダーを買って飾ったり、手帳を買ったりしますね〜。

 

 2014年1月に初めてスマホを買って、スマホでスケジュール管理とかしようと思ったんですが、なんかうまくいきませんでした。やっぱり私は、デジタルネイティヴ世代じゃないんだな〜、と痛感しましたね〜(^_^;)。

 

 それで、今年は、某大手文具メーカーが出しているスケジュールノートを使いました。使用感はそんなに悪くなかったんですが、これもなんかしっくりこない。

 

 なので、来年は、2013年までずっと愛用してた、産業能率大学出版部が出してる、サンノーダイアリーという手帳に戻します。

 

👇来年は、2種類のサンノーダイアリーを使おうと思います。どういう使い方をするのかは…1年やってみて、うまくいったら、来年末のブログで書きたいと思います(*^_^*)

f:id:tamuraic:20151228065713j:plain

 

 それから、カレンダーも、以前はいろんなものを毎年変えて買っていたんですが、ここ数年は、シーガルという会社が出してる「歳時記カレンダー」と、朝日新聞の販売店からいただく切り絵のカレンダーは定番化してます。

f:id:tamuraic:20151228065656j:plain

f:id:tamuraic:20151228065912j:plain

 

 また、私は月間カレンダーと年間カレンダーを一緒に見たい人なので、今年は、高橋書店から出ている年間カレンダーを併用したんですが、来年は、日本能率協会マネジメントセンター(NOLTY)から出ている、月間+年間カレンダーが一緒になっているタイプにしました。

f:id:tamuraic:20151228065726j:plain

 

 数字のフォントは、高橋書店の方が好きなのですが、高橋書店の月間+年間カレンダーは、なぜか、小さい版しかないんです。

 

 やはり、私もそろそろ眼の老化を感じる歳ですので、カレンダーも大きい方がいいんです(^_^;) 私が調べた限り、月間+年間カレンダーで最も大きいやつが、この日本能率協会マネジメントセンターから出てるやつでしたので、これをチョイスです。

 

 昨年12月のブログで、年賀状不要論を書きました。それで、今年(来年)は「来たら出す」方式で年明けに頂いた方だけに書こうかと思ったのですが、毎年頂いてる方に突然「来たら出す」方式を適用するのも、なんか角が立つ気もしましたので、今年も郵便局が推奨する25日までにきちんと投函しました(^_^;)

 

👇毎年、「いろどり年賀」というのを気に入って買ってます。例年、桃色タイプと、ウグイス色タイプがあって、男性にはウグイス色、女性には桃色タイプと、近年のジェンダーフリーの風潮に反するような男女別で送ってたんですが、今年はなぜかウグイス色タイプは発売中止になってしまったんです。それで、男性には、フツータイプのを送ろうと思います(*^_^*)

f:id:tamuraic:20151228065521j:plain

 

👇ネット上で、切手部分の猿の絵が話題になりました。12年前の申年の年賀状と微妙に変化してる、と言うんです。奇跡的に、12年前の未使用の年賀状がありましたので、並べてみました。

f:id:tamuraic:20151228065509j:plain

 

👇よく見ると、なんと、来年版は温泉に子猿も一緒に入ってて、切手の下の風呂桶の絵も、子猿用のができてるんです!こういう細かい仕掛け、かなり好きです*(^o^)/*

f:id:tamuraic:20151228065502j:plain

 

👇また、いろどり年賀の切手部分の花の絵も、ネットで話題になりました。なんと、よく見ると、海老で花が作られていたんです!

f:id:tamuraic:20151228065518j:plain

 

【おまけ】

 年賀状の受付が始まると、街のポストには、年賀状専用の投函口が作られますが、東京駅近くのポストの前をたまたま通ったら、なんと年賀状を束ねるための輪ゴムが備え付けられていました!郵便局で輪ゴムが置かれてるのはよく見ますが、街のポストでこんなのを見たのは初めてです!

f:id:tamuraic:20151228065451j:plain

f:id:tamuraic:20151228065751j:plain

f:id:tamuraic:20151228065739j:plain