読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

十二日まちの日に、さいたま・浦和の調神社で御朱印をいただきました!

平成27年(2015年)12月28日(月) 官庁御用納め

 私は毎月1回、どこかの寺社にお参りに行って、御朱印というものをいただくことにしております。

 

 それで、今月は、さいたま市浦和区にある「調(つき)神社」というところに行ってまいりました。先々週のブログで、大宮の鉄道博物館に行ったと書きましたが、その帰りにJR京浜東北線の浦和駅で途中下車して伺ったのです。

 

 昨日のブログで書いた三崎稲荷神社もそうですが、私が御朱印をいただきにお寺や神社をお参りする時は、「ついで」っていうのがホント多いです。神聖な寺社に対して失礼だと思いつつ、1ヶ月1御朱印の自己ノルマを達成するためには「ついで」を多用しないとかなりきついものがあるんです(^_^;)

 

 さいたま市で最も有名な神社といえば、大宮の氷川神社です。この神社は武蔵国一の宮で、「大宮」の地名の由来にもなったところなんですが、すでに2012年12月に伺っていただいていました。

 

 同じさいたま市の浦和地区では、調神社も有名です。地元では「つきのみや」とも呼ばれ、親しまれています。

 

 それで、鉄道博物館に行ったのが12日(土)で、12月12日は毎年、調神社で「十二日(じゅうにんち)まち」と呼ばれる大歳の市のお祭りが開かれていますので、その写真も撮れるかな、と思って、今回この神社を選んだのです。

 

👇実は今回、浦和駅は生まれて初めて降り立ちました!

f:id:tamuraic:20151225121929j:plain

 

👇JR浦和駅西口から歩いて行きました。大宮駅と比べると、大きな駅ビルにはなっておらず、こじんまりした感じの駅です。でも、どことなく、素敵なマダムが暮らしてる雰囲気のある街でした(^_^;)

f:id:tamuraic:20151225121709j:plain

 

👇駅前に伊勢丹がありましたが、こちらもなんとなくコンパクトな印象。

f:id:tamuraic:20151225121659j:plain

 

👇浦和駅から神社までは700メートルほどの距離ですが、道の脇にはたくさんの出店が並び、ものすごい人出でした。ウィキペディアによると、例年1000店以上の露店が出て、15万人の人出があるそうです。

f:id:tamuraic:20151225121955j:plain

 

👇普通、お祭りの露店って、神社の周辺や境内に限られてることが多いですが、このお祭りは浦和駅から露店が絶え間なく続いていました!(伊勢丹前で撮影)

f:id:tamuraic:20151225121942j:plain

 

👇神社の入り口です。もちろん、ここまで露店が続き、人の流れも絶えません。

f:id:tamuraic:20151225122008j:plain

 

 ところで、この神社、神社なのに、鳥居や狛犬がないんです。

 

 調神社の歴史はものすごく古く、今から2000年も前に創建されたと言われています。「調(つき)」とは、古代の税や貢ぎ物のことで(日本史の教科書にも出てくる「租・庸・調」の「調」です!)、伊勢神宮に奉納するための初穂の倉庫群のなかに神社が造られたため、この名前がついたそうです。

 

 それで、貢ぎ物の運搬に邪魔になるからと、鳥居が造られなかったそうなんです。

 

 また、中世になると「つき」の名が「月」に通じるということで、月待信仰と結びついたそうです。月待信仰とは、月を神秘なものだと捉え、月の出る夜に神事を行う信仰のことなんです。

 

 それで、月待信仰では、兎(ウサギ)が神の使いとされたため、この神社も狛犬の代わりに、ウサギの像が置かれるようになったそうなんです。

 

 さらに、「ツキがツキを呼ぶ」ということから、必勝祈願のご利益もあるそうなんです。

 

👇神社の入り口の両脇で参拝客を見守るウサギの像です。

f:id:tamuraic:20151225121626j:plain

f:id:tamuraic:20151225121637j:plain

 

👇なんとビックリ!手水舎の水も、ウサギの口から出てました(^_^;)

f:id:tamuraic:20151225121841j:plain

f:id:tamuraic:20151225121831j:plain

 

👇拝殿前にも人・人・人!初詣か!っていうくらいでした。今年の十二日まちは土曜日に当たったため、いつもの年よりも多いのかもしれませんね(^_^;)

ちなみに、お正月も当然ながらすごい人らしく、周辺の道路まで初詣のお客さんの行列が続くそうです。Jリーグ浦和レッズの選手の皆さんも、ここで必勝祈願されるそうですよ〜(^o^)

f:id:tamuraic:20151225121821j:plain

f:id:tamuraic:20151225121811j:plain

 

 こういう大きな行事の時は、御朱印の授与を中止する神社もありますが、こちらでは、拝殿に向かって右側の建物でいただくことができました。近年の御朱印ブームも反映してか、10名ほどの御朱印待ちの方がいらっしゃいました。

 

👇こんな御朱印です!なお、初穂料は500円。たいていの神社は300円のところが多いので、ちょっとお高め(^_^;) あと、ノートとかではなく、ちゃんとした御朱印帳なのかどうかのチェック(巫女さんが御朱印帳の表紙や裏表紙などを触って確認)が入ったのも、今まで70箇所以上の寺社を回ってきて初めての体験でした。いろんな意味で、ユニークな神社でした(^ ^)

f:id:tamuraic:20151225121801j:plain