当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

今日も鉄道博物館のリポートです(^_^;)

平成27年(2015年)12月17日(木)

 今日もまさかの3日連続の鉄道博物館ネタです(^_^;) やっぱりせっかく大宮まで行ってきましたので、3日分のブログネタにしないとね(☆_^)

 

 でも、昨日のブログをご覧になった方の中には、「昨日は200記事目だから新幹線200系の写真を載せたのはわかるよ、でも今日の201記事目は何の関係もねーじゃん」とおっしゃる方もいらっしゃると思います。

 

 そんな方のために(?)、最近までE電の中央線(快速)で走っていた、201系電車の写真を撮ってきました!(v^o^v)

 

?博物館の端でひっそりと佇む、201系電車です!んっ、でもなんか様子がヘンです。

f:id:tamuraic:20151214081305j:plain

 

?なんと、横から見ると、薄っぺらいレプリカでした(^_^;)

f:id:tamuraic:20151214081246j:plain

 

 一応、行き先や電車の種別を示す方向幕は本物が取り付けられているようでした。

f:id:tamuraic:20151214081255j:plain

 

 しかし、この方向幕も、5分くらい動かないと思ったら、突然動き出し、また止まって1分くらい後にちょっと動いてまた5分停止、といった感じの意味不明な動きをしていました。

 

 しかも、右上の行き先は「青梅特快 青梅」で止まってるのに、下の種別は「通勤快速」で止まるなどバラバラで、他の展示物と比べると、かなりの低クオリティを醸し出していました(^_^;)

 

?運転席の窓は、なんと絵!それに、本物と思われるワイパーが取り付けられていました。

f:id:tamuraic:20151214081236j:plain

 

 博物館のフロアマップにも明記されていないし、鉄道博物館の中で、一番チープで謎な展示物でしたね〜(^ ^)

 

?こちらは201系の前に中央線を走っていた103系の本物の車両。やっぱり本物にはかないません(^_^;)

f:id:tamuraic:20151214081227j:plain

 

?そしたらなんと、別の部屋には201系の本物の台車が展示されていました(^o^)

f:id:tamuraic:20151214081446j:plain

 

 鉄道博物館は、鉄道の知識がなくても十分に楽しめる施設でしたよー。私が行ったのは土曜日ということもあって、たくさんの親子連れの方がいらしていました。

 

 館内には食堂があったり、駅弁が売ってたりして、また、外の庭には中でお弁当が食べられる本物の電車の車両も置いてありました。

 

 もちろん、運転シュミレーターや鉄道模型、ミニ電車、また、時間になると色々なイベントもあり、屋上に行けば東北・上越・北陸新幹線が一望できて、ピクニック気分で行っても楽しめる施設でしたよ!

 

【おまけ】

 入館するときに受け取った貸出用のICカードは、出口で係りの方に渡します。

f:id:tamuraic:20151214081421j:plain

 

 一昨日のブログでも書いたように、紙のチケットがないので、記念の半券を持ち帰ることができません!

 

?そしたら、自動改札を出たところに、来館記念のカードが置いてありました(^o^)

f:id:tamuraic:20151214081409j:plain

f:id:tamuraic:20151214081541j:plain

 

 

?そして、出口を出る手前のところに、記念スタンプ台もあり、カードの後ろに押せるようになっているのです。貸出用のICカードには押さないでください、という注意書きもありました(^_^;)

f:id:tamuraic:20151214081357j:plain

 

?うまく押せるかな?

f:id:tamuraic:20151214081605j:plain

 

?押せました!(V^_^V)

f:id:tamuraic:20151214081554j:plain