読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



さいたま・大宮の鉄道博物館に行ってきました! 30年前がよみがえる〜のかな?!

平成27年(2015年)12月15日(火)

 こないだの土曜日(12日)に、さいたま市大宮区にある「鉄道博物館」に行ってきました!

 

 この博物館は、東京・神田(旧万世橋駅)にあった交通博物館が2006年に閉館したため、それに代わる鉄道に関する博物館として、JR東日本が2007年に開館した施設なのです(運営は東日本鉄道文化財団)。

 

👇大宮駅から、ニューシャトル(埼玉新都市交通伊奈線)という電車に乗りました!

f:id:tamuraic:20151214051822j:plain

 

👇ニューシャトルは、コンクリートの線路をタイヤで走る電車です。当ブログでは「意味もなく往復するシリーズ」として、これまで同様の形式のゆりかもめや日暮里・舎人ライナーをご紹介してきましたが、今回はメインでないのであっさり進めます。またいつか、この電車に乗って意味もなく往復しようと思ってます(^o^)

f:id:tamuraic:20151214051812j:plain

 

👇大宮から1駅、3分で着きました!「鉄道博物館(大成)駅」です!

f:id:tamuraic:20151214051803j:plain

 

👇駅から博物館までは屋根で繋がっていて、雨の日も安心!時刻表を模した床になっていました。テンション上がりますね〜(^ ^)

f:id:tamuraic:20151214052240j:plain

 

👇通路を行くと、右手にエントランスがありました!

f:id:tamuraic:20151214051744j:plain

 

👇エントランス手前の両脇には、チケット販売機が!

f:id:tamuraic:20151214051753j:plain

 

 こちらの博物館は有人のチケット販売所がなく、紙のチケットもなく、すべてICカードで入退場するシステムです。

 

 「え〜っ、Suica持ってないよ〜」という方でも大丈夫です!もちろん、現金でも払えて、その場合は貸出用のICチケットが発行されるのです。

 

👇チケット販売機です。入場料金は大人1人1000円とリーズナブル。私はSuicaを持っているのですが、貸出用のICチケットはどんなのか見たかったので、現金払いをすることにしました。

f:id:tamuraic:20151214052003j:plain

 

👇そしたらなんとびっくり!貸出用カードでも、Suica払いすることができました(^_^;)

f:id:tamuraic:20151214051945j:plain

 

👇販売機右横から貸出用カードが出てきました。特に何の変哲もないカードでした(^_^;)

f:id:tamuraic:20151214051930j:plain

f:id:tamuraic:20151214051916j:plain

 

👇なお、Suicaで入館するときも、販売機で入場登録する必要があります。電車に乗るときみたいに、入るときと出るときに自動改札を通すだけじゃないのでご注意!

f:id:tamuraic:20151214052017j:plain

 

👇エントランスを入ると、自動改札があります。以前当ブログでもご紹介した東京メトロの地下鉄博物館や東急電鉄の電車とバスの博物館と同様、入り口が自動改札なのは、鉄道系博物館の定番ですね!

f:id:tamuraic:20151214052152j:plain

 

👇1階は、本物の車両を中心に、いろんな種類の鉄道車両が展示されてました。こりゃ、鉄道好きじゃなくてもテンション上がるでしょ?

f:id:tamuraic:20151214052251j:plain

 

👇そんな中、私が注目したのは、かつて上越線を走った特急「とき」号に使われた181形式電車です(^o^)

f:id:tamuraic:20151214052143j:plain

 

 特急「とき」号は、上野駅と新潟駅の間を4時間で結んでいました。しかし、1982年(昭和57年)11月15日に上越新幹線が大宮駅と新潟駅の間で開業したことにともなって廃止になったのです。

 

 実は、私は当時小学3年生でしたが、新潟市に住んでいたんです。でも、一度も特急「とき」号には乗ったことがありませんでした。

 

 この電車は新潟の鉄道ファンのみならず、全国の鉄道ファンに人気があって、私も鉄道好き少年でしたので、父親に頼んで、廃止される11月14日に新潟駅からなんとか乗ることができましたV(^_^)V

 

 でも、特に東京に行く予定もなかったので、途中の長岡駅まで乗って帰ってきたのです(記憶にないんですが、帰りは別の電車に乗ったと思います)。1時間くらいの乗車でしたけれども、すごく嬉しかったですね〜!30年前から「意味もなく往復するシリーズ」やってたんですね〜(^_^;)

 

👇正面からも撮りました!すごい迫力!

f:id:tamuraic:20151214052133j:plain

 

👇車両の中に乗ることもできました!30年前、同じような角度で写真撮ったような気が…実家にまだ写真あるかな〜(^∇^)

f:id:tamuraic:20151214052311j:plain

 

👇車内です。でも、とりたてて「あ〜、30年前がよみがえった〜」といった感情も沸き起こりませんでした。むしろ、入場料1000円で、今こうして乗れるんなら、なにも30年前に無理して乗らなくてもよかったかな〜、なんて考えてしまいました(当時生まれていない若い乗り鉄の人に怒られてしまいそうです^_^;)

f:id:tamuraic:20151214052122j:plain

 

👇椅子に座って、車窓から外を見ると、なんと「新潟駅」の看板が〜!あ〜、お母さ〜んに会いたいよ〜( ; _ ; ) って、9月に法事で会ったばかりだった(^_^;)

f:id:tamuraic:20151214052108j:plain

 

👇車両を出ようと通路を進むと、なんとビックリ!デッキにのっぺらぼうの車内販売の人が!でも、ワゴンにはちゃんと笹団子や柿の種など、新潟のお土産のレプリカがありました(^_^)

f:id:tamuraic:20151214052324j:plain

 

 

👇昔のポスターもありました。この当時は、東京都に移住する人の数は、新潟県が全国1位(今は北海道らしいです)だったんです。多くの人がこの電車に乗って上京したんでしょうね〜。

f:id:tamuraic:20151214052301j:plain

 

 ところで、どうして突然鉄道博物館に行ったのか?それは、明日のブログで(^_^;)