読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



木村哲也さんのご本の感想…ではなく、レシートの紹介です(^_^;)

平成27年(2015年)12月1日(火)

 10月の末、1通の電子メールを受け取りました。私のお友達である、木村哲也さんからでした。

 

 木村さんは、以前私が働いていた会社のアルバイトスタッフとして働いていた方で、懇意にしていただいていた方なんです。

 

 本業は民俗学の研究者(ウィキペディアには「歴史・民俗学者」と書いてありました)で、これまでに民俗学者・宮本常一に関する著書や、駐在保健婦に関する著書を出版されています。

 

 それで、東京・新宿の紀伊國屋書店本店で「ハンセン病関連書籍のブックフェア」が開かれることになり、そこに木村さんが編集・解説した『大江満雄ハンセン病論集 癩者の憲章』(2008年発行、大月書店、3200円+税)が出品されることになったのです。

 

 それまでの木村さんの著書は増刷もされるほど売れたそうなんですが、この本だけはあまり売れ行きが思わしくなかったそうです。それで、ぜひ買って、という案内メールが私のところにも来たのです。

 

 私は、それまでの著書も木村さんからお話は伺っていて、買おう買おうと思っていたのに、買わずじまいでした。今はワーキングプアの身に転落して、人の応援などしてる場合じゃないんですが、「金は天下の回りもの」という考え方が好きで、また、昨日のブログでも書いたように、人の表現活動に対してそれを見たり読んだりするのが大切だ、という考えもあり、紀伊國屋書店に行って、1冊購入してまいりました!

 

👇紀伊國屋書店新宿本店です。花園神社の酉の市に行くときに寄りました!

f:id:tamuraic:20151129234009j:plain

 

👇これが今回買った本です!なんと、今年お亡くなりになった哲学者・鶴見俊輔が帯に推薦文を書いています。無学な私でも知っているほど著名な方です。

f:id:tamuraic:20151129233959j:plain

 

 で、当然読んで、その感想とやらを今日のブログで書くと思われた方がほとんどだと思います。でも、購入から1ヶ月近くたっても未だ”積ん読”状態。あっ、でも、必ず読んで、感想をこのブログに書きます(木村さん、すみません💦)。

 

 じゃあ、なんで、今日のブログに書いたのかというと、昨日のブログの内容と共に、明日のブログにつながっていくからなんです(アホなくせに、そんな凝った計算しなくてもいいんだよ!ってツッコミは無しでお願いします^_^;)。

 

【おまけ】

👇これが、今回のレシートですが、合計金額をごらんください!3200円+消費税256円で、なんと右肩上がりの3456円に!本は読まなくても、こういうのはすごい好きで注目しちゃうんです(^_^;)

f:id:tamuraic:20151129233944j:plain