当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

東京・市ヶ谷 大塚屋の辛味噌ラーメン【フィラ〜メン・シリーズ】

平成27年(2015年)11月24日(火)

 東京・市ケ谷にあるラーメン店「大塚屋」に行ってきました。

 

 ここはもともと「麺処くるり」という屋号だったそうです。ドロドロな辛味噌スープが有名で、テレビにも取り上げられたことがある人気店で、市ケ谷の他に高田馬場、御茶ノ水に支店もあったそうなんです。

 

 しかし、その「麺処くるり」は今年8月31日で3店舗全てが閉店、4日後の9月4日に、「大塚屋」と屋号を変えて、市ケ谷のみでリニューアルオープンしたそうなんです。

 

 屋号変更の理由について、店主の大塚健二さんは「店舗が増えたことで自分の目が行き届かなくなった。味も含めて、いろいろな意味で初心に帰ろうと思った。今度はしっかりやっていこうという思いで自分の名前を屋号にした。地に足をつけて一杯一杯大切にしていきたい」とコメント。最近はサラサラスープになっていたのを、以前のようなドロドロのスープに戻し、辛味もプラスした、とのことです(情報サイト「市ケ谷経済新聞」より)。

 

 当ブログもアメブロ時代の原点に帰る、ということで今月ブログ名を変更しましたので、なんとなく親近感を感じ、フィラ〜メン・シリーズの第1弾にこのお店を選びました*\(^o^)/*

 

?場所は、外堀通り沿い、新見附橋交差点の近くです。大きな通りに面していて、場所自体はとてもわかりやすいのですが、なぜか屋号の看板がなく、どの店が「大塚屋」なのか分かりにくいです。

 私は事前にネットで調べていたので、なんとかたどり着くことができました(^_^;)

f:id:tamuraic:20151122151238j:plain

 

?お店の前にはこんな看板が!11時開店で、平日の10時50分頃に行きましたが、すでに4人のお客さんが並んでました。市ケ谷方面が先頭で、飯田橋方面に向かって並ぶようでしたので、初めて行く方はご注意!

f:id:tamuraic:20151122151349j:plain

 

?入り口を入ると、右に食券券売機がありました。先客の方は、みなさん常連さんのようで、食券を買うと、券売機の上にある紙製エプロンを手慣れた感じで取っていらしたので、私も見よう見まねで取ってみました。

f:id:tamuraic:20151122151228j:plain

 

?辛味噌ラーメン750円をチョイスです。

f:id:tamuraic:20151122151216j:plain

 

?席は全てカウンター席で7席しかないので、すぐに埋まってしまいました。そのあともお客さんが続々入ってきて、狭いお店なので真後ろに立って待っていらしたので、写真を撮るのがすごいプレッシャーでした。

 写真は、食券を買うとき取った紙製エプロンです。3月に川崎で食べた白いカレーうどんのときは、頭をくぐらすやつでしたが、これは紐を首の後ろで結ぶタイプですので、巨頭(偉い人、って意味じゃないですよ〜)である私には、ありがたかったです(^ ^)

f:id:tamuraic:20151122151204j:plain

 

?ジャーン!これが辛味噌ラーメンです(≧∇≦)

f:id:tamuraic:20151122151155j:plain

 

?ちょっと太めの麺に、ネギやモヤシがたくさん!

f:id:tamuraic:20151122151430j:plain

 

?四角くカットされた豚肉もたくさん入っていました(^o^)

f:id:tamuraic:20151122151419j:plain

 

?濃厚なドロドロのスープ。結構辛いですが、美味しいので、次々とレンゲを口に運んでしまいました。底の方になると、ニンニクがたくさん入っていました。

f:id:tamuraic:20151122151409j:plain

 

?カウンターには、定番のブラックペッパーに加え、山椒パウダーやカレーパウダーも!一応全部試してみましたが、どれもスープによく合ってました。特にカレーパウダーは、完全にカレーラーメンになりますが、辛味噌スープとよく合って美味しかったです!

f:id:tamuraic:20151122151359j:plain