当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

今日は、勤労感謝の日です!【アメブロ・アーカイブス・シリーズ】

平成27年(2015年)11月23日(月) 勤労感謝の日(祝日)

 昨日のブログでも書いたように、今日は以前アメブロでやっていたブログの記事を再録したいと思います。

 

 3年前の勤労感謝の日の記事で、ハッピーマンデー制度にちょっと反対、といった内容になっています。

 

 ちなみに、現在は土・日・祝日休みの夜勤の仕事をしていますので、連休のありがたさをひしひしと感じています(火〜木が祭日だと(★)、1日まるまる仕事なし、という日がなくなってしまうからなのです)。

(★)追記訂正…「月曜日以外が祭日だと」に訂正します。例えば、水曜日が祭日の場合、その水曜日の朝まで仕事があり、翌木曜日の夜に仕事に行きますので、1日まるまる仕事なし、という日がなくなってしまう、ということです^_^;)

 

 だから、現時点においては、ハッピーマンデー制度は「総論反対、各論賛成」といった感じでしょうかね〜(^_^;)

 

 

〜旧ブログ『THE タムラ★ニュース』の2012年11月23日の記事です〜

 今日は勤労感謝の日です!祝日法という法律には、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日とあり、昭和23年(1948年)から祝日となっています。しかし、それ以前も「新嘗祭(にいなめさい)」として休日になっていました。新嘗祭とは、宮中祭祀(天皇陛下が行うまつりごと)で、収穫祭に当たる行事です。

 ところで、11月は、3日の文化の日と2回の祝日がありますが、いずれもハッピーマンデー制度が適用されません。ハッピーマンデー制度とは、1998年と2001年に祝日法が一部改正され、それまで日付で祝日が決まっていたものが、一部の祝日が「第2月曜日」といった決め方に変更されました。

 企業や学校での週休二日制が定着したことで、月曜日も祝日にして3連休とすることで、レジャーを活性化させることを目的に、旅行業界などからの要望もあって導入された制度です。当初は、学校のカリキュラムの日程調整が大変になるなどの混乱もあったみたいですが、10年以上たって、だいぶ定着してきた感があります。

 で、なんで、11月の2回の休日が適用されないのかというと、11月3日はもともと天慶節(明治天皇の誕生日)で祝日だったのです。戦前からの伝統的な祝日を、名称を変えて、戦後も祝日として適用している、というわけなんですね~。

 私は完全に昭和ベースの人間なので、ハッピーマンデー制度は、いまだにちょっと反対です。たとえば、「成人の日」は1月15日から1月の第2月曜日に変更されましたけれども、1月15日はもともと元服の儀が行われていたから成人の日になったのであり、また、各地方では、小正月の行事が行われ、お正月飾りや書き初めなどを神社に持って行って、どんど焼きをした日でもありました。今は、祝日に合わせてどんど焼きをしている神社もありますが、従来通り15日に行事をする神社も多く、その日が平日になると、地域の人が参加できない、ということになってしまいます。

 また、「体育の日」は、10月10日から10月の第2月曜日に変更になりました。もともとなんで10月10日が体育の日だったかというと、昭和39年(1964年)10月10日が、夏季オリンピック東京大会の開会式の日だったからなのです。オリンピックは、おそらくこの先200年も300年も続く人類の伝統行事になるでしょう。そのオリンピックがアジアで最初に行われた日というのは、天慶節や新嘗祭と同様、とても価値のあるものだと思うんです。それに、子供のころ毎年言っていた「今日何の日~?」「体育の日でしょ?」「ブーッ、目の日でしたー」という楽しいやり取りも、今の子供はできなくなってしまったのです。

 

 アメブロでは181記事を書きましたが、そのうち使えそうなのは50記事ほどだと思います。小出し小出しにしていけば、1年くらいは持つかな、といった感じです。

 

 今回は、3年前の記事をそのまま掲載しましたが、最後の子供のころのやり取りの話は、唐突な感じで、ちょっとわかりにくいですよね〜。

 

 今後、このシリーズは、かなり手直しして再録することになるかもしれません(^ ^)

 

※今年の勤労感謝の日は、たまたま月曜日ですが、ハッピーマンデー制度の適用外です。