当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

日本一高い 日本一うまいお土産を買いました!

平成27年(2015年)11月12日(木)

 昨日のブログで、まる2005さんたちとランチをした、ということを書きました。その際、手ぶらで行くのもなんだと思って、お土産を買っていくことにしました。

 

 どんなお土産がいいかな〜、と思って、考えました。やっぱり女子だから、甘味がいいかな、と。

 

 まる2005さんは、昨日のブログでも書いたように、もう10年もブログを続けていて、いつもすごいな〜、と感心していて、後輩女性社員も、私より10歳以上も年下なのに、人間的には私の10倍よくできていて、自分の意見もしっかり持っているのに偉ぶったところがなく、学ぶところが多いお二人なんです。

 

 それで、フランス語では「尊敬」のことをなんと言うかというと、「オマージュ」です。オマージュ→オマンジュ→おまんじゅう…ということで(?)、おまんじゅうを差し上げて、お二人への日頃の敬意を表すことにしました*(^o^)/*

 

?私が持って行ったのは、「日本一高い 日本一うまい」のキャッチコピーで知られる東京銘菓「花園万頭」です!

f:id:tamuraic:20151030125525j:plain

 

?全国各地のデパートにもお店があるみたいですが、私が買いに行ったのは、地下鉄の新宿三丁目駅近く、花園神社の目の前にある新宿本店です。大きな自社ビルが建っていました!

f:id:tamuraic:20151030125003j:plain

 

?ビルの入り口には「新宿花園MJビル」の看板が!まさか、「MJ」って「まんじゅう」??

f:id:tamuraic:20151030124944j:plain

 

?燦然と輝くキャッチコピー(^o^)

f:id:tamuraic:20151030124953j:plain

 

?ビルの1階にお店がありました。中はお上品な感じのお店で、写真を撮ろうと思ったのですが、なんか気後れしてお店の方に許可をもらうのをためらってしまいました(^_^;) 包装を待っている間に、冷たい麦茶と甘納豆を出していただきました!

f:id:tamuraic:20151030124934j:plain

 

 花園万頭の起源は、天保5年(1834年)、加賀百万石の御城下、金沢で創業した石川屋本舗で、その3代目が明治39年(1906年)に東京に進出したことに始まります。最初は青山、その次に赤坂と移転し、昭和5年(1930年)に現在地にお店を構えました。

 

?花園万頭3個入りで、なんと税込1134円(1個378円)!! 原材料は、砂糖、小豆(北海道産)、小麦粉、やまいも(大和芋)、上新粉、上用粉、和三盆糖。高級な材料で、職人さんがひとつひとつ手作りしているので、当然の適正価格だと思うのですが、どうしても万頭というと、温泉万頭をイメージしてしまうので、いい値段だな〜、と思ってしまいます。さすが「日本一高い」^^

f:id:tamuraic:20151030125224j:plain

 

?添加物を使ってないので、賞味期限が3日と短めです。ですので、バイキングレストラン「野の葡萄」さんには申し訳なく思いつつ、その場で食べていただきました。まずはレディーファースト&長幼の序、といったところで、まる2005さんから。

f:id:tamuraic:20151030125211j:plain

 

?次に後輩女性社員も1つ。

f:id:tamuraic:20151030125159j:plain

 

?最後に私が取りました(≧∇≦)

f:id:tamuraic:20151030125147j:plain