当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

扁桃炎の続報で〜す^o^

平成27年(2015年)7月28日(火)

 前回、扁桃炎にかかった、という記事を書きました。それに対し、LINEやツイッターでコメントを頂いたり、はてなスターをつけて頂いたりしました。大変ありがとうございました。

 

 喉の痛さは全くなくなりました。ちょっと体がだるい感じは残ってるものの(夏バテかも^^)、症状はかなり改善しました。

 

 しかし、抗生物質は症状がなくなっても10日間は飲まないと、菌が完全に無くならないみたいで、今週末まで飲み続けなければなりません。

 

 今回、当初、市販の風邪薬を買ったんですが、結果的には抗生物質でなければ治らない病気でした。やっぱり、ちょっと体調不良になったら、すぐに病院に行ってみてもらうのが大切ですね〜。

 

 お医者さんが処方する薬の方が症状に対して的確に効能を発揮するわけですし、健康保険のおかげで、市販の薬よりもだいぶ安く買うことができます。

 

 でも、大きな病院や、人気のある病院は、いつも混んでて、待っている時にかえって病気が悪化しそうな気がして、ちょっと行くのに躊躇してしまいますよね〜。今回行った耳鼻咽喉科は、予約不要で、診察も早く、先生も親切で行きやすいんです。そういう近所のかかりつけ医をいろんな診察科でキープしておくといいですよね〜。

 

?今回たくさんいただいた薬。これで全部で1400円でした。

f:id:tamuraic:20150727142930j:plain

☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️

 

 ところで、今回の病気にかかった当初、喉が激痛でした。水を飲むのも一苦労で、水道水でうがいしたり、喉が痛い時に使う市販のスプレー薬でも、全く改善がありませんでした。

 

 それで、耳鼻咽喉科で処方されたうがい薬「イソジン」でうがいしたら、あら不思議、痛みが半減、扁桃腺にこびりついていた白い膿も半分以上が取れていて、ビックリしました。

 

 以前はよく市販のイソジンを買ってうがいをしていたんですが、イソジンは体に悪い説や、水道水でうがいするのと効果はほとんど変わらない説を耳にして、なんとなく買わなくなってしまっていました。

 

 イソジンの主成分であるポビドンヨードは、様々な細菌・ウイルスに対して強力な殺菌力を持っていて、病院での院内感染の予防や、手術時の消毒液としても使われているそうなんです。

 

 イソジン害悪説の一つの理由に、イソジンに強力な殺菌力があるため、自分が持っている良い菌まで殺してしまう、というのがあり、それはすごく納得できるんですが、今回の私のように痛みが激しくなってしまった場合は、良い菌を上回る悪い菌がはびこっている、という状態なので、まずは悪い菌を除去する、ということが必要になるんだと思います。

 

 また、水道水でもうがいの効果は確かにあるようですが、今回の私の例からすると、喉が痛くなるような状況では、水道水うがいでは痛みは全く消えず、イソジンうがいで効果が出ましたので、やっぱり、水道水よりは殺菌効果が高いのではないかと思います。

 

 それから、「イソジンは味や匂いが苦手」という声も結構聞きます。でも、今回私も改めて説明書を読んだら、イソジンの原液に対して、水で15〜30倍で薄めてうがい液をつくるのが正しい使用法のようです。水で15〜30倍で希釈すると、色は薄い茶色が付く程度で、匂いも味もそんなに強くありません。今までの私もそうですが、多くの人はイソジン原液が濃すぎで使ってるんじゃないのかな〜、と思います。

 

 それで、私なりの結論なんですが、イソジンはマウスウォッシュ液ではなく、あくまで医薬品(市販のものは第3類医薬品)です。つまり、恒常的に使用するものではなく、喉が痛い時とか、インフルエンザが流行ってる時期に外から帰ってきた時とか、頓服薬的に使うものなんじゃないか、ということなんです。普段は、水道水によるうがい・手洗いと自分の免疫力で十分ではないのかと…。

 

☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️

 

 今回、喉が痛かったため食べ物が食べられず、2日間くらい水だけで過ごしました。そしたら、普段93kgくらいの体重が、一時88kgまで激減。今は90kgに戻ってしまいましたが…^^;;

 

 「怪我の功名」といいますか、「雨降って地固まる」といいますか、今回を機に、もっと体重を、もちろん健康的に減らしていこうと思っています。私の身長(175cm)から割り出す標準体重は68〜72kgですので、だいぶ体重オーバーですから…。

 

 標準体重よりもちょっと多いくらいが一番長生き、とも聞きましたので、73kgを目指したいと思っています。1973年生まれなので、73kgが覚えやすくていいかな〜、なんて思っています。