読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

久しぶりに新潟帰省しました!御遷座100年の弥彦神社で、フツーの御朱印をいただきました^o^

平成27年(2015年)5月9日(土)

【おわび(2016年1月14日追記)】

 このたび、本文下線部の内容について、疑問視するコメントをいただきました。

 

 改めて当該箇所を読み返してみると、ご指摘の通り、私の態度の方にこそ大きな問題があり、私憤の域を出ない、言いがかりにも近いような内容であるということを認識いたしました。巫女さんの対応は至極当然なものであり、何の落ち度もありません。

 

 どうしてこのようなブログを書いてしまったのか、今となっては弁解の余地はまったくありません。

 

 弥彦神社の関係者の皆様および崇敬されている皆様、また、当ブログにアクセスしてくださる皆様を不快な気持ちにさせてしまう内容であることは、想像に難くありません。

 

 ここに謹んでおわびを申し上げます。すみませんでした。

 

 田村

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

 前々回のブログでも書いたように、連休は5年ぶりくらいに新潟に帰省しました^o^

 

 3日(憲法記念日)はまず長野に行き両親と合流、7年に1度の御開帳が行われている善光寺に行きました。また、5日(こどもの日)には、越後一の宮で、御遷座100年を迎えた弥彦神社というところに行きました。

 

 両親とは長野で朝11時に待ち合わせました。それで、東京駅9時32分発の北陸新幹線、かがやき507号金沢行きに乗ると、長野に10時56分に着くのでちょうどいいかな、と思いました。

 

 しかし、恥ずかしながら、私は北陸新幹線かがやき号が全車指定席だとは知らなかったのです。当然、ゴールデンウィーク中では当日の指定席は取れるはずがないので、仕方なく、東京駅9時4分発のあさま605号長野行きに乗車しました。

 

👇混雑する東京駅20番線です。

f:id:tamuraic:20150509214032j:plain

 

👇発車2分前でも、自由席車両には長蛇の列!結局、自由席車両(1〜3号車)の通路・デッキでは乗り切らず、指定席車両の4〜6号車の通路・デッキも自由席利用者に解放されましたので、そちらに乗車しました。

f:id:tamuraic:20150509214019j:plain

 

👇1時間50分ほどで長野駅に到着です。かがやき号に使われる新型のE7系ではなく、長野新幹線で使われていたE2系という車両でした。長野新幹線には何度か乗車したことがあるので、あまり新鮮味がありませんでした^^

f:id:tamuraic:20150509214202j:plain

 

👇そしたら、隣のホームに、当初乗ろうと思っていた、かがやき507号金沢行きが到着です^o^

f:id:tamuraic:20150509214006j:plain

 

👇E7系車両、超カッコイイ!!

f:id:tamuraic:20150509214219j:plain

f:id:tamuraic:20150509213952j:plain

 

👇北陸新幹線は、東京〜上越妙高間はJR東日本が、上越妙高〜金沢間はJR西日本が運行しています。でも、かがやき号は上越妙高駅を通過するため、上越妙高駅に停車するはくたか号も含め、東京〜金沢間を走る全列車が、長野駅でJR東日本と西日本の乗務員に交代することになっています。

f:id:tamuraic:20150509213940j:plain

 

👇長野駅の外観です。実は、私は小学生の時、長野市に住んだことがあります。その時の長野駅は、善光寺を模したお寺のような外観の駅で、構内に鳩が大量に住んでいました。立ち食いそば屋さんの上にも鳩が飛び交い、子供ながら衛生的にどうなんだ??って思った印象があります。

でも、1998年開催の冬季五輪長野大会を機に、駅舎が新しくなり、さらに北陸新幹線の開業に合わせて、駅ビルも整備され、近代的な駅になりました。

f:id:tamuraic:20150509214358j:plain

 

👇駅のコンコースには、善光寺御開帳の垂れ幕がありました!

f:id:tamuraic:20150509214148j:plain

 

👇ゴールデンウィーク中で、しかも今年は北陸新幹線も開業したということもあり、すごい混雑ぶりでした。表参道も、人・人・人、でした。

f:id:tamuraic:20150509214136j:plain

 

👇本堂の前には、回向柱が立っていました。が、ここにも長蛇の列!!

長野駅から善光寺までタクシーを利用したのですが、タクシーの運転手さんの話によると、回向柱を触るまで3時間待ち、本堂の中に入って前立本尊(善光寺の御本尊は完全秘仏のため、その御身代わりである前立本尊が7年に1度公開されるのです。この前立本尊も鎌倉時代に作られたもので、重要文化財に指定されています)を拝むのに2時間待ち、とのことでした。

高齢の両親には、並ぶ気力もなく、本堂でお参りだけしてきました(こちらは、10分くらいでできました)。

それで、御開帳の特別な御朱印も授与されていましたが、なんとこちらにも長い行列が!それを見て、御朱印も断念しました^^;;

f:id:tamuraic:20150509214121j:plain

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 5日には、越後一の宮の弥彦神社に行ってきました^o^

f:id:tamuraic:20150509214344j:plain

 

👇本殿です。なかなか立派でしょ?

f:id:tamuraic:20150509214449j:plain

 

👇弥彦神社の社殿は、明治45年(1912年)の大火でほとんど焼失してしまい、大正5年(1916年)に再建されたものなのです。それで、今年が再建されてちょうど100年ということで、いろいろな行事が開かれているのです。

f:id:tamuraic:20150509215017j:plain

 

👇境内では、第50回日本鶏品評会が行われていました^^

f:id:tamuraic:20150509214331j:plain

 

👇目がまん丸の、立派な鶏です!

f:id:tamuraic:20150509214520j:plain

 

👇カゴの中には、オスとメスが1匹ずつ入れられていたのが多かったです。

中には、突然交尾を始めるのもいて、なんとなくそのシーンを写真に撮ろうと思ったのですが、間に合いませんでした^^;;

f:id:tamuraic:20150509214304j:plain

f:id:tamuraic:20150509214317j:plain

 

👇ふわふわな白い羽毛の烏骨鶏です!

f:id:tamuraic:20150509214529j:plain

 

👇おなじみの、白い鶏です。

f:id:tamuraic:20150509214509j:plain

 

👇黒い鶏もいました!

f:id:tamuraic:20150509214459j:plain

 

👇そしたら、「長鳴鶏鳴き合わせ会」というのもやっていました。

これは、県内外から集まった、美声自慢の鶏が、どのくらいの長さ鳴き続けることができるかを競う大会なのです。

f:id:tamuraic:20150509215330j:plain

 

👇結構、無造作に台に置かれる鶏です^^ ずっと暗いところに置かれていて、急に明るいところに連れて行かれるので、朝だと勘違いして鳴くんだそうです^^;;

f:id:tamuraic:20150509215137j:plain

 

👇ギャラリーが多くて緊張するのか、すぐには鳴かないのですが、しばらくすると、美声を聞かせてくれました。

鳴き声は「コケコッコー」というものではなく、低音で「ウ〜ウ〜ウ〜」と鳴くものでした。これは時間の長さだけでなく、できるだけ抑揚をつけて鳴くのが高得点らしいです^^;;

f:id:tamuraic:20150509215344j:plain

 

👇白い鶏も挑戦。

f:id:tamuraic:20150509215158j:plain

 

👇後ろには、審査員やストップウォッチを持った係員の方がいます。

鳴き終わると、ギャラリーから拍手が起き、係員から「18秒3」といった時間が発表されると「ウォー」と歓声が起きました。なんとも牧歌的雰囲気でした。

鳴き終わった鶏は、係りのおじさんに、無造作に連れ去られていました^^

f:id:tamuraic:20150509215150j:plain

 

👇時間があったので、ロープウェーにも乗りました。

f:id:tamuraic:20150509214713j:plain

 

👇神社の本殿からロープウェーの駅までは歩いて10分くらいですが、無料送迎バスも走っていました。

f:id:tamuraic:20150509214700j:plain

 

👇神社は「弥彦山」という山の麓にあるのです。それで、なんとその弥彦山、山頂の標高が634メートルで、東京スカイツリーと一緒なのです!

それに便乗、もとい、コラボしたポスターも貼ってありました。

f:id:tamuraic:20150509215003j:plain

 

👇チケット売り場です。

f:id:tamuraic:20150509214647j:plain

 

👇乗り場に向かう階段です。なんとも言えない、昭和レトロな感じでした。

f:id:tamuraic:20150509214635j:plain

 

👇ロープウェーは「うみひこ号」「やまひこ号」という2台で運行されていました。

f:id:tamuraic:20150509214621j:plain

f:id:tamuraic:20150509215224j:plain

f:id:tamuraic:20150509215211j:plain

 

👇ロープウェーからは、越後平野を一望できました!

f:id:tamuraic:20150509214857j:plain

 

👇ガイドのお姉さんが、何が見えるかなどを案内してくださいました。

f:id:tamuraic:20150509214845j:plain

 

👇途中で、もう一台のロープウェーとすれ違います。向こう側のガイドのお姉さんが手を振ってくれました。

f:id:tamuraic:20150509214830j:plain

 

👇5分ほどで山頂駅に到着です!

f:id:tamuraic:20150509214800j:plain

f:id:tamuraic:20150509214814j:plain

 

👇日本海が見えました!ちょっと雲がかかっていて見えにくかったのですが、天気が良ければ佐渡島が見えるそうです。

f:id:tamuraic:20150509215046j:plain

 

👇反対側は、越後平野に広がる田んぼ。

f:id:tamuraic:20150509215027j:plain

 

👇弥彦山は、新潟県の中央に位置していることから、NHKや民放4局のテレビ電波塔も立っています。この点も、スカイツリーと共通してますね!

f:id:tamuraic:20150509215036j:plain

 

 最後に御朱印をいただきました。弥彦神社は、御朱印集めをする前に1回お参りに来たことがあるのですが、御朱印はまだいただいていませんでした。

 

 鎌倉のお寺と同じく、番号札を受け取るシステムでした。それで、出来上がるまで、御朱印を書いている巫女さんの写真をスマホで撮っていたら、別の巫女さんに写真を撮らないでくれ、と叱られてしまいました^^;;

 

 それで、一向に自分の番号が呼ばれないので、あれ?っと思って、台のところを見ると、私の御朱印帳が置かれていました。

 

 いやいや、私、目の前にいたんですよ。そりゃ、勝手に写真撮ってたのは申し訳なかったですが、だからと言って、黙って置いておくのは、いくらなんでも愛想がなさすぎませんか?「11番の方、出来上がっています」くらいの声かけがあってもよさそうなもんだと思ったのですが…。

 

👇こんな御朱印です。でも、御遷座100年を示すものは、特にありませんでした。今まで頂いた寺社ですと、「開祖⚪︎百年御忌」や「御鎮座⚪︎百年」といったハンコが押されているところがありました。ハンコを作るをケチったのかな?まさか、写真を撮ってたから気分を害して押してくれなかったのかな^^;;

f:id:tamuraic:20150509215313j:plain