当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

葛西駅高架下にある、地下鉄博物館に行ってきました!

平成27年(2015年)4月14日(火)

 先週の木曜日9日、東京メトロ東西線の葛西駅高架下(改札外)にある、「地下鉄博物館」に行ってまいりました。

 

👇葛西駅ホームに大きな看板がありました。ちなみに、東西線は地下鉄なのですが、西葛西駅〜西船橋駅間は地上を走っています。

f:id:tamuraic:20150413205257j:plain

 

👇入り口です。

f:id:tamuraic:20150413205243j:plain

 

👇入り口を入ってすぐ左手に、入場券の券売機がありました。ただ、先月のブログで紹介した東急電鉄の電車とバスの博物館とは違って、飲食店にあるのと同じタイプの券売機でした。

f:id:tamuraic:20150413205225j:plain

 

👇入場券を買って中に入ると、自動改札がありました。これは、電車とバスの博物館と一緒です。

f:id:tamuraic:20150413205210j:plain

 

👇自動改札に入場券を通すと、もう一つフェイク的な改札がありました。

f:id:tamuraic:20150413205457j:plain

 

👇その奥には、東京メトロ・丸ノ内線と銀座線の第1号車が並んで展示されていました。

f:id:tamuraic:20150413205444j:plain

f:id:tamuraic:20150413205431j:plain

 

👇開業当時(昭和2年)の銀座線の上野駅の様子が再現されていました。

改札は有人ではなく、「ターンスタイル」と呼ばれる自動改札が設置されていたそうです。

f:id:tamuraic:20150413205417j:plain

 

👇当時と同じように、お金が入れられるようになっていました。改札のバーは固定されていますが、ここに5円玉、10円玉、50円玉、100円玉のいずれかを入れると、1人分(4分の1回転)だけ回るようになるのです。

f:id:tamuraic:20150413210635j:plain

 

👇私もコインを入れてみました。開業当時、浅草〜上野間が10銭だったとのことなので(?)、10円を入れてみました。

f:id:tamuraic:20150413210615j:plain

 

👇入れたお金は、下の返却口にすぐ出てきますので、取り忘れないようにしないといけません。

f:id:tamuraic:20150413210625j:plain

 

👇改札をくぐると、銀座線第1号車に乗ることができました。あれっ、でも、誰か乗ってますね〜!

f:id:tamuraic:20150413205404j:plain

 

👇誰だろう、と思ってみると、なんとびっくり、当時の地下鉄のお客さんの人形が乗ってました(>_<)

f:id:tamuraic:20150413222052j:plain

 

👇車内には、こんなマナー広告も!「たん・つばをはくこと」って、そんな乗客がいたんですかね〜、当時は。

f:id:tamuraic:20150413205707j:plain

 

 館内の奥に進むと、地下鉄の技術的な解説の展示や、いろいろな資料の展示がありましたが、ざっくりと省略します^^;;

 

 日本最初の地下鉄(今の銀座線)は、浅草と上野の間の2.2kmで、1927年(昭和2年)に開業しました。当初は浅草と新橋の間を開業させる予定でしたが、関東大震災による資金難で、短い距離での開業になったのです。

 

 所要時間はわずか5分で運賃は10銭、同じ区間の地上には市電(路面電車)も走っていて、こちらは7銭。それでも、東洋初の地下鉄という物珍しさから、開業当初は2時間待ちの行列ができたそうです。

 

 ちなみに、世界初の地下鉄は、1863年にイギリスのロンドンで開業しましたが、この浅草〜上野間の地下鉄は、日本のみならず、アジア・オセアニア地域で初の地下鉄だったのです。

 

 それで、当時は開削工法という、道路面から穴を開けて、そこに蓋をして掘り進める、という方式によって建設されたのですが、掘削機械のない当時は、なんと人力による手掘りで地下鉄を掘っていったんだそうです。

 

👇現在の地下鉄は、シールド工法という、カッターディスクという大きな円盤型の掘削機械を地中に埋めて、モグラのように掘っていく方式が主流です。その模型がありました。

開削工法に比べ工期が短縮され、地上交通への影響も少なくてすみます。それでも、1つの機械で、1ヶ月に180〜220メートルしか掘れないそうです。

f:id:tamuraic:20150413205648j:plain

 

👇カッターディスクの実物も展示されていましたよ!

f:id:tamuraic:20150413205657j:plain

 

 東西線の高架下にありますので、館内は細長い形をしていて、奥の方にシュミレーターや鉄道模型のパノラマのコーナーがありました。展示の構成とか、内容は、電車とバスの博物館と非常に似ていると思いました。やっぱり、交通系博物館のフォーマットって決まってるんですかね〜。

 

👇各種運転シュミレーターがありました。

f:id:tamuraic:20150413210248j:plain

f:id:tamuraic:20150413210644j:plain

 

👇HOゲージ(鉄道模型)の「メトロパノラマ」がありました。

f:id:tamuraic:20150413210329j:plain

 

👇こんなタイムスケジュールで、演出運転されているようです。

f:id:tamuraic:20150413205638j:plain

 

👇第1回(11:00〜)のやつを見ました。こちらも、電車とバスの博物館と同様、未明から初電が動き出してからの地下鉄の1日、というのを演出しながら模型を走らす方式でした。

f:id:tamuraic:20150413210319j:plain

 

👇地下鉄だから、何層にもなっていて、なかなかの迫力です。

f:id:tamuraic:20150413210307j:plain

 

👇インカムをつけた案内係のお姉さんが、解説をしながら手慣れた感じで模型も操作していましたよ(パチンコ屋さんの店員にも見えてしまったのは私だけでしょうか)^o^

f:id:tamuraic:20150413210257j:plain

 

 地下鉄博物館は、入館料大人一人210円です。10:00〜17:00開館(入場は16:30まで)で、月曜日(祝日はその翌日)および12月30日から1月3日が休館日です。

 

 東京メトロ限定の展示にはなりますが、鉄道好き、地下鉄好きの方には、なかなか面白い施設だと思いましたよ〜(私が行ったのは平日の昼間ということもあり、電車とバスの博物館と同様、お母さんと小さい子、がお客さんのほとんどでした)。

 

【追伸】

前回は、当ブログ始まって以来、121記事目にして初の「お休み」記事となりました。にもかかわらず、その記事にもはてなスターをしていただき、大変ありがとうございました。

体調も回復傾向にありますので、これからも引き続きよろしくお願い申し上げます。