当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

ちょっと中途半端になりましたけど、京葉線全線開業25周年記念スタンプラリーを半日でやってきました!

平成27年(2015年)3月28日(土)

 このブログでも度々言及していますが、私の現在の自宅の最寄り駅はJR京葉線・稲毛海岸駅で、今の仕事も京葉線に乗って行きますので、私にとって身近な電車です^o^

 

 それで、今月の頭に稲毛海岸駅に行ったら、コンコースに「京葉線全線開業25周年記念スタンプラリー」と書かれた大きなポスターが貼られていました。

f:id:tamuraic:20150328140759j:plain

 

 首都圏の鉄道は、東京都心部から郊外へ向かって建設されてきたのが多いですが、京葉線は反対に郊外の方から都心に向かって開業していきました。

 

 1986年に西船橋駅〜千葉港駅(今の千葉みなと駅)の間で開業、1988年には新木場駅〜南船橋駅間と千葉港駅〜蘇我駅間が順次開業しました。そして、1990年3月10日に東京駅〜新木場駅間が開業し、現在の東京〜蘇我間が全通したのです。

 

 京葉線といえば、首都圏の路線の中でも、全国的によく知られた路線だと思います。それは、やはり何と言っても、東京ディズニーリゾートの最寄り駅である舞浜駅があるからです。

 

 でも、東京ディズニーランドの開業は1983年4月で、舞浜駅の開業はその約6年も後なのです(しかも、前述の通り、開業時は新木場駅までで東京駅とは1990年まで繋がっていなかったのです)。

 

 ですので、京葉線が開業するまでは、ディズニーランドに行くのは、営団地下鉄(今の東京メトロ)東西線の浦安駅からバスを利用したりして、電車で行くにはちょっと不便な場所だったのです。

 

 最近はそういう人もいなくなったようですが、かつては地方からディズニーランドに行くのに、名前の似ている「京王線」に間違って乗ってしまう人がホントにいたそうです。京王線とは、新宿駅を起点に、府中や八王子、多摩ニュータウンの方に行く私鉄で、ディズニーランドとは全く関係のない場所に行ってしまうのです。

 

 でも、京葉線の方がずっと後発なのに、なんでJRは京王線と紛らわしい名前をつけたのでしょうかね〜。当時はJRも国営企業だったので、もしかしたら利用者の利便性は二の次だったのかも。

 

 東京(渋谷)と横浜をつなぐ東急電鉄の「東横(とうよこ)線」に倣って、「東千葉(とうちば)線」にすればよかったかも。でも、そうすると、「東芝」の工場があると勘違いしちゃう人がいたかもしれませんね〜(いないか…)。

 

 と、のっけから字数を割いて意味不明なことを書き連ねてしまいました^^;;

 

 それで、「京葉線全線開業25周年記念スタンプラリー」というのは、京葉線のうちの9駅(東京・☆新木場・舞浜・☆新浦安・☆南船橋・☆新習志野・海浜幕張・☆稲毛海岸・☆蘇我)に置かれたスタンプを押すと、そのうちの6駅(☆印の駅)で京葉線の歴代の電車の写真のカードがもらえて、全9駅のスタンプを達成すると、記念硬券入りトレインカードホルダーが先着2500名でもらえる、という企画でした。今月1日から始まり、今度の火曜日31日まで実施中なのです。

 

 私は、これはブログのネタにいいかも!と思って、スタンプラリーをやろうやろうと思っていたのですが、あれよあれよと言う間に日にちが経ってしまいました。それで、「別にやんなくてもいいかな〜」なんて思いはじめたんですが、とうとうブログのネタが尽きてしまったので、昨日夜勤明けに各駅を回ってきました^^

 

👇スタンプラリーは31日までですが、駅にこんなお知らせが!記念硬券入りトレインカードホルダーは、もうなくなってしまったようです^^

でも、スタンプを押すともらえるトレインカードは配布中とのことでしたので、予定を変更し、カードをもらえる6駅にのみ行ってきました^^;;

f:id:tamuraic:20150328140605j:plain

 

👇先ずは、新木場駅からスタートです。

「木場」とは、材木の集積場という意味で、近くには江戸時代より木材置き場として知られた「木場」という地名もあり、東京メトロ東西線の駅もあるのですが、戦後に埋め立てなどにより移転し、その名の通り、ここ新木場が、木場に変わる新しい木材の集積場になっています。

そんなわけで、木材を使った駅の看板になっているのです。

 

f:id:tamuraic:20150328141115j:plain

 

👇駅前には、「木のまち 新木場」の看板とともに、木材つながりということで、トーテムポールも立ってました^o^

f:id:tamuraic:20150328141105j:plain

 

👇新木場駅周辺は、住宅はさほど多くないのですが、会社や工場がたくさんあり、また、夢の島公園があります。京葉線のほか、東京メトロ・有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線の終着駅にもなっていて、乗り換えの人で混雑しています。

f:id:tamuraic:20150328141055j:plain

 

👇スタンプラリーの用紙が置かれたラックがありました。

f:id:tamuraic:20150328141043j:plain

 

👇そしてスタンプ台。皆さん下の台に試し押しをするので、真っ赤になってました^^

それから、スタンプ台はどの駅も改札外です。もし改札内に置いたら、東京→蘇我の切符だけで全駅押せることになって、JRが儲からないですからね〜^^

ちなみに、私は定期券があるので、その点は助かりました。

f:id:tamuraic:20150328141031j:plain

 

👇用紙にスタンプを押していきます。

f:id:tamuraic:20150328141247j:plain

f:id:tamuraic:20150328141236j:plain

 

👇こんな感じで、各駅違うデザインのスタンプになっています。

f:id:tamuraic:20150328141440j:plain

 

👇そして、自動改札機の脇の駅員さんがいるところに用紙を持っていくと、ボールペンでチェックしてもらい、カードをもらえる、という段取りになってました。

f:id:tamuraic:20150328141223j:plain

 

👇新木場駅のカードは、E233系でした。これは、現在京葉線で一番多く走ってるやつですね〜。

f:id:tamuraic:20150328141426j:plain

 

👇カードの裏面はこんな感じ。これはどのカードも共通です。

f:id:tamuraic:20150328141625j:plain

 

👇次に向かったのは、新浦安駅です。

f:id:tamuraic:20150328140614j:plain

 

👇近代的な駅前でした!

f:id:tamuraic:20150328140624j:plain

 

👇新浦安駅のカードは、205系です。これはあんまり見たことがないな〜。今は走ってないのかな?

f:id:tamuraic:20150328141415j:plain

 

👇次は南船橋駅です。南船橋駅は、ららぽーと東京ベイと、スウェーデン発の大型家具店IKEA船橋の最寄り駅です。

ららぽーとは歩いて5分ですが、無料送迎バスもあります。バスは、高架下の、とてもバスが来る感じじゃないような場所から出ていて、わずかな距離ですが、途中渋滞に巻き込まれることもあり、歩いて行くより時間がかかることがあります。でも、雨の日や荷物が多い日は便利ですね!

f:id:tamuraic:20150328140545j:plain

 

👇改札を出て左に行くとIKEA船橋です。来年3月で廃止が決まった「ふなばしオートレース場」の看板と一緒に撮れるのも今のうちです。船橋オートには、廃止されるまでには行って、このブログでリポートしたいと思っています。

f:id:tamuraic:20150328140556j:plain

 

👇コンコースには、近所の幼稚園児が作成した貼り絵もありました。4本の電車がエンブレムから伸びている構図で、上手ですね^o^

f:id:tamuraic:20150328140749j:plain

 

👇南船橋駅のカードは、209系500番台でした。これはたまに来ますよね(ちがう?)たしか、車内のテレビみたいなやつがなく、電車内でそんなにスマホを見ない私にとって、あのテレビみたいなやつを見るのは、結構楽しみなので、このタイプの電車が来ると、ちょっとガッカリです^^

f:id:tamuraic:20150328141402j:plain

 

👇次の降りたのは、新習志野駅です。

f:id:tamuraic:20150328140731j:plain

 

👇駅を出て右手を見ると、巨大な建物が見えます。これは、国際規格のプールを有する千葉県国際総合水泳場です。

f:id:tamuraic:20150328140742j:plain

 

👇新習志野駅は特急はもちろん、快速電車も停まらないのですが、カードは特急車両のE257系500番台でした。京葉線では、「わかしお号」がこの車両で走ってますよね〜。

f:id:tamuraic:20150328141656j:plain

 

👇そして、私の自宅の最寄り駅、稲毛海岸駅です。外壁は波模様で、海のイメージを出しています(でも海岸までは2kmくらいあります)。

f:id:tamuraic:20150328140857j:plain

 

👇稲毛海岸駅のカードは、E331系でした。この形式は、最新鋭の技術を搭載し2006年に登場したものの、その後機械の不具合が多発したみたいで、ほとんど営業運転をしないまま、昨年廃車になるという、ちょっといわく付きの電車だったのです。

当時は「ついにも京葉線にも新型車両導入!」といった感じで、沿線ではちょっと話題になったと思います。私も1〜2回は乗ったと思いますが、幻の電車になってしまいました。

でもなんで稲毛海岸駅のカードはこれ?^^

f:id:tamuraic:20150328141645j:plain

 

👇そして、終点の蘇我駅に到着です!東京駅から43km、京葉線(快速・各駅停車)の所要時間は40〜50分くらいです。内房線・外房線の分岐駅にもなっていて、乗り換えのお客さんが多い駅です。

f:id:tamuraic:20150328140915j:plain

 

👇蘇我駅は、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉の本拠地、フクダ電子アリーナの最寄り駅でもあります。

f:id:tamuraic:20150328140721j:plain

 

👇「この街とともにジェフがある」と書かれた看板もありました。でも、実は、JR東日本はジェフユナイテッドの親会社でもあるので、結構力が入ってる感がありました。

ちなみに、マスコットの動物ですが、私はずっとキツネだとばかり思ってましたが、秋田犬の兄弟なんだそうです^^;; 地元なのに知らなくてすみません💦

でも、ジェフって、アメリカ流のニックネームじゃないから、球団のマスコット(ペット)がなにか、一見ではわかりませんよね〜^^

なお、ジェフ(JEF)は、親会社のJR東日本と古河電工の頭文字から取ってるのです(JR EAST & FURUKAWA)。あれっ⁉︎でもたしか、Jリーグってチーム名から企業名を排したはずじゃ…??

f:id:tamuraic:20150328140934j:plain

 

👇蘇我駅のカードは、特急車両の255系でした。

f:id:tamuraic:20150328141634j:plain

 

 こんな感じで、半日で6駅に降り立って、スタンプを押してカードを頂いてきました。

 

 一応、用紙には「トレインカードの配布は無くなり次第終了です」との記載がありましたが、私が見た限り、どの駅もまだかなりありましたので、あと4日でたぶんなくなることはないと思います。

 

 実は、記念硬券入りトレインカードホルダーも、1週間くらい前までは「新木場駅にはまだあります」などという貼り紙がありました。昨年末の東京駅100周年記念スイカとはえらい違いですよね〜^^

 

 私は、東京駅スイカみたいな殺伐とした感じより、こっちの方のゆるーい感じの方が好きです^o^ カードの右下に書かれた謎の京葉線キャラクター「犬塚ケイ」のゆるさも好きです(これは、南総里見八犬伝にあやかって、千葉県内のJR8路線にそれぞれ犬のキャラクターがあるんですが、たぶん京葉線ユーザーにも千葉県民にも、ほとんど知られてないと思います^^)。