読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

両国駅でひな飾り&歴代横綱と手の大きさを比べました^o^

平成27年(2015年)3月3日(火)

 今日はひな祭りですね!今年は、当ブログの更新日に当たるということもあり、何かひな祭り関連のイベントに行って写真を撮ってこようかな〜、と思い立ちました。

 

 最近は各地で巨大なひな壇の人形飾りを行うイベントがありますが、我が千葉県にも、太平洋に面した港町・勝浦市で「かつうらビッグひな祭り」が毎年開催されています。

 

 このお祭りは、遠見崎(とみさき)神社というところの60段の石段をひな壇にして、1200体もの雛人形が飾られるのが、結構有名になっています。

 

 これは、もともと徳島県勝浦町で1989年から行われている「ビッグひな祭り」というのがあって、ここが巨大ひな壇の元祖となっているのですが、同じ地名のよしみということで、2001年に勝浦町から勝浦市に7000体の雛人形が送られたのをきっかけに、勝浦市でも開催されるようになったのです。

 

 そして、今年は新しく完成した勝浦市芸術文化交流センター「キュステ」の大ホールに飾られた5500体もの雛人形が圧巻だと評判で、私も見てみたいと思い、おとといの22日の日曜日に行こうと思いました。

 

 ん⁉︎ 行こうと思いました? なんか、イヤな予感がしてるでしょ?^^ そうです、ここまで説明しておきながらなんですが、当日になって急遽予定変更、行くのを取りやめたのです^^;;;

 

 というのも、当日の天気予報は雨。午前中はなんとか持ってたのですが、午後になると予報が的中、本降りの雨となりました。

 

 芸術文化交流センターは屋内ですが、遠見岬神社は屋外で、荒天時は展示が中止になると聞いていたので、今年は断念し、来年以降のお楽しみ、とすることにしました。

 

 勝浦市には、昨年のB-1グランプリ(全国のB級グルメの1位を決める大会)で2位になった「勝浦タンタンメン」というご当地メニューがあり、これも食べて写真に撮ってくれば、2回分のブログネタができるな〜、などと考えていたので、ちょっとした誤算でした^^

 

 それで、今日のブログのネタがなくなってしまいましたので、どうしようかと思案しておりましたところ、前々回のブログで東京・両国に行ったと書きましたが、その時、JR両国駅にも、使われなくなったホームの階段をひな壇にして雛人形が飾られていたのを思い出し、昨日の夜勤出勤前に行ってきたのです。

 

👇西口の改札を抜け、1・2番線(中央・総武線)のホームに行く途中に、3番線のホームに行く通路があります。普段は使われないので、扉が閉まっていますが、ひな祭りの期間だけ、解放されています。

f:id:tamuraic:20150303105320j:plain

 

👇中央にはレッドカーペットが敷かれていました。まるで、アカデミー賞授賞式に出席するハリウッドスターのような気分になりました(いや、なりませんでした^^;;)

壁の両方には、「両国駅歴史展」というパネルが展示してあって、両国駅の歴史の解説や昔の写真がたくさん貼られていました。正直、ひな飾りよりもこっちの方を見入ってしまいました^^

f:id:tamuraic:20150303105155j:plain

 

👇通路の突き当たりがホームに向かう階段になっていて、そこに雛人形が飾られていました。写真を撮る方もいらっしゃいました。

f:id:tamuraic:20150303105330j:plain

 

👇そしたら、ひな壇の正面には、なんと「かつうらビッグひな祭り」の看板が!

f:id:tamuraic:20150303105146j:plain

 

👇横を見ると、大量のポスター&チラシ^^;; とりあえず、ここのひな壇見たら、もっとすごいの見たくなったでしょ?それじゃ、JRの特急に乗って勝浦へ、という段取りみたいですね^o^

f:id:tamuraic:20150303105259j:plain

 

👇ひな壇の横の階段は、以前(私が知る限り、ここ3〜4年は、この展示をしています)は登れるようになっていて、3番線ホームも見られたのですが、今年は「かつうらビッグひな祭り」のポスターが階段にたくさん貼られていました。雛人形に触るな、という警告書きはあったものの、階段登っちゃだめよ、という張り紙はありませんでした。でも、暗に登るな、と言っている感じがしましたので、自重…。

f:id:tamuraic:20150303105121j:plain

 

👇こちらだって、なかなか立派なもんでしょ?

f:id:tamuraic:20150303105132j:plain

 

👇2番線ホームから、夕暮れ迫る3番線ホームをパチリ!緑の三角屋根は国技館です。

実は、両国駅は昭和の初め頃まで、総武線の起点となるターミナル駅で、大変賑わっていたそうです。また、1980年代まで、房総方面に向かう特急列車にも、両国始発というのがあり、この3番線ホームから出発していたそうです。

現在は、房総半島に向かう特急列車は、総武快速線や京葉線を経由するようになって東京駅が始発となりましたが、今でも海水浴シーズンやイベントがある時の臨時列車には、この3番線が使われるそうです。

f:id:tamuraic:20150303104729j:plain

 

 さて、毎度おなじみ、ブログの分量も結構多くなってまいりましたが、心配性かつ貧乏性な私は、ひな飾りだけじゃもの足りないないんじゃ?と思い、両国駅構内の他の写真も撮ってきたので、盛り込んじゃいます^^

 

👇両国といえばお相撲の街。西口改札に向かうところのコンコースに、それらしきものがありました!

f:id:tamuraic:20150303105311j:plain

 

👇改札前の床面には土俵のモチーフ、天井には「満員御礼」と書かれた垂れ幕、壁面には相撲関連の展示がありました!

f:id:tamuraic:20150303105205j:plain

 

👇第57代横綱・三重ノ海の優勝額が掲げられていました(関脇時代の昭和50年九州場所のもののようですネ)!

f:id:tamuraic:20150303104851j:plain

 

👇こちらは、左が第67代横綱・武蔵丸、右が第69代横綱・白鵬の優勝額です!

f:id:tamuraic:20150303104901j:plain

 

👇「横綱と背比べ」がありました。

f:id:tamuraic:20150303104716j:plain

 

👇第42代横綱・鏡里は、身長172cmしかなかったんですね!私より3cmも低い。それで横綱になるなんて、すごい!

f:id:tamuraic:20150303104701j:plain

 

👇歴代横綱の手形もありました。第35代・双葉山から第70代・日馬富士まで飾られていました。

f:id:tamuraic:20150303104911j:plain

 

👇先ほどの、小兵横綱、鏡里の手形もありました。さすがに体重は負けた^^;;

f:id:tamuraic:20150303104934j:plain

 

👇私の手を合わせて見ると…なんとピッタリ‼︎ 身長と手の大きさって、比例するんでしょうか^o^

ところで、ご覧いただいている淑女の皆様、私の見苦しい手毛はお許しください。若い時は生えていなかったんですが、いつの間にか生えてきたんですよね〜^^;; ちょっと恥ずかしい感じがしたので、写真を加工して消そうかとも思ったんですが、「レリゴー精神」で、そのまま掲載です。。。

f:id:tamuraic:20150303104925j:plain

 

👇そんなこんなで稲毛海岸に帰ってきたら、駅に「かつうらビッグひな祭り」のポスターが貼ってありました。

f:id:tamuraic:20150303104743j:plain

 

👇う〜ん、やっぱり両国のやつは、ちゃっちいかも^^

f:id:tamuraic:20150303104756j:plain