当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

2015年明けましたー!!今年の私の漢字は『動』でいきたいと思います^o^

平成27年(2015年)1月3日(土)

 このブログにアクセスしてくださった皆様、あけましておめでとうございます。今年も火曜日と土曜日に更新していきたいと思いますので、よろしくお願い致します!

 

 私の年末年始ですが、両親からの「帰省しろ」嘆願も虚しく、今年も一人で新しい年を迎えました^^;;

 

 リア充の皆さんにとっては理解不能だと思いますが、一人のお正月というのは決して寂しいものではなく、それなりに毎年楽しくお正月を過ごすことができています。

 

 そんな私も、お正月には、今年どんな一年にしようかと、ぼんやりと抱負を考えたりするんです。それで、今年の抱負を漢字一字で表そうといろいろ考えた結果、『動』にすることにしました。

 

 今年も今まで通りだらだらと、さすらいの生活を続けるのもいいかな〜、なんて思っているんですが、しかし、人生一度きりですから、やっぱり主体的に社会参加していきたいとも思い(この歳で言うことじゃないだろ!)、今年は、ちょっとずつでも自分の人生を動かしていこう!と考えたのです(リスタート、という意味では『再』や『始』でもいいかも^^)。

 

 と言っても、具体的に何をするのかのビジョンはないんですが、とにかくいろいろと始動していきたいと思っています。

 

 ところで、皆さんは「向かい干支」ってご存知ですか?十二支(ね、うし、とら、う…ってやつですね)を円に並べたとき、向かい側に来る干支(十二支)を「向かい干支」と言うんです。

 

 もっとわかりやすく言うと、アナログ時計の数字の1〜12に十二支を当てはめたとき、真反対の位置に来るのが「向かい干支」なんです。

 

 それで、自分の生まれた干支の向かい干支のグッズを身の回りに置くと、幸運が訪れたり、出世したりする、と江戸時代から言われているんです。作家の泉鏡花は酉(とり)年生まれですが、小さいときにお母さんから言われた、向かい干支の卯(うさぎ)を大切にしなさい、という教えを守って、ウサギの置物や玩具を収集したり、食器やマフラーにまでウサギをあしらったものを使っていたそうなんです。

 

 真反対の干支なので、イメージとしては反発したり敵対したりするのかな〜、と思ってしまいますが、むしろ向かい干支は、自分に欠けているものを補ってくれるパワーがある、という解釈らしいんですね〜。

 

 私は基本的に迷信、俗信の類は好きではないのですが、そう聞いてしまっては気にならないわけにはいきません。私は丑(うし)年生まれなので、向かい干支は未(ひつじ)年、そうです、今年が向かい干支なんです^^

 

 向かい干支信仰は、身の回りに置物を置いたりする、ということらしいのですが、私は、生まれ年の向かい干支の年は、自分に欠けているパワーをあたえてくれる年、と勝手に解釈して、今年一年がんばっていこうと思っています。

 

 さらに話は飛びますが、皆さんは年が開ける瞬間、つまり元日の午前0時はどうやって過ごしましたか〜。私は、例年通り、テレビを見てました。

 

 でも、最近のテレビは、昔みたいに画面に時計が出てきてみんなでカウントダウンする、というのが少なくなり、まったくカウントダウンしないテレビ局もあるくらいですが、テレビを見ながら新年を迎えた皆さんは、何チャンネルをご覧になってました?

 

 私はここ数年、なんとEテレ(NHK教育テレビ)で年越しを迎えているんです。Eテレでは毎日朝と深夜に「Eテレ0655&2355」というミニ番組をやっていますが、年越しはその特別版が放送されます。それを毎年見て年を越してます。

 

 それで、その番組の中で、「たなくじ」というコーナーがあります。これは、爆笑問題の田中さんが、大きなくじを持って画面に映り(太田さんはナレーションのみ)、その映像が高速コマ送り映像で流れます。それぞれのコマには、違うことが書いてあるくじになっていて、普通に見てるぶんには高速で何が書いてあるかわからないのですが、どこか好きなところでスマホのカメラでテレビ画面を撮影すると、そのうちの一つのコマが写って、それがおみくじの出目になる、というコーナーなんです(この説明で分かりますか?)。

 

 で、年越し特番では、新春くじバージョンになっているんですが、私は今回初めて「たなくじ」をスマホで撮ってみたんです。そしたらなんと、以下のような結果になりました^o^

 

f:id:tamuraic:20150103141800j:plain

 

 多分、全部で100コマくらいあって、他にどんなことが書いてあったのかわからないのですが、偶然撮った1コマが「大躍進の一年!」って、ちょっと幸先良すぎませんか〜^^(昨年7月のブログで書いた、地デジ対策が完了してない件はツッコミなしで…)

 

 多分、大躍進するためには、テレビを見てだらだら過ごすような生活はやめないといけず、新年早々テレビの企画に乗っかるのはどうなんだ、と思いつつも、これはちょっと嬉しくなりました!

 

 さらにさらに話は飛び、皆さんは初詣に行かれましたか〜?首都圏では毎年、東京の明治神宮、神奈川の川崎大師、千葉の成田山新勝寺が参拝客数のベスト3ですよね〜。私の自宅からも、この3つは電車で十分いける距離ですが、人混みが嫌いな私は当然行かず、毎年近所の神社へ初詣に行っています。

 

 私は、初詣に関しては一つこだわりがあって、必ず徒歩で行く、ということにしているんです。年の初めの日くらい、電車やバスはもちろん、自転車といった文明の利器は一切使わないで、自分の二本足でしっかり大地を踏みしめて初詣に行きたいんです(電車を使ってまで混雑する有名なお参りスポットに行きたくない、という理由付けでもあります)。

 

 だから、自ずと近場の神社になります。それで、以前のブログでも書いたように、私の住んでいる千葉市美浜区は100%戦後の埋立地なので、神社もお寺も一件もありません。それで、毎年、歩いて10分くらいのところにある稲毛区の稲毛浅間神社というところにお参りに行っています。

 

 もう一箇所、徒歩圏内に黒砂浅間神社という小さい神社もあり、今年はそちらに行こうかな、と思ったのですが、なんとなく例年通り、稲毛浅間神社に行きました。

 

?稲毛浅間神社も、千葉市周辺では有名な神社で、毎年たくさんの参拝客が訪れます。でも、元日の午前中ならさほど混んでおらず、サクサクとお参りできます。

f:id:tamuraic:20150103141730j:plain

f:id:tamuraic:20150103141740j:plain

 

?いつものように、手水舎をパチリ!例年、柄杓で手や口を清めていたのですが、今年は混雑対策のためか、竹の樋から水がチョロチョロと出る方式になってました^^;; なんか、田舎のトイレの手洗い所みたい…。

f:id:tamuraic:20150103141750j:plain

 

 さらにさらにさらに話が飛びます。皆さんは、今年、お部屋にどんなカレンダーをかけましたか〜?私は、3種類のカレンダーをかけましたので、ご紹介します!

 

?まず、朝日新聞の販売店から毎年いただく、滝平二郎の切り絵カレンダーです。私は、一年が見通せる年間カレンダーが好きなのと、切り絵に描かれた人物の表情がとても好きなので、このカレンダーを気に入っています。

f:id:tamuraic:20150103141720j:plain

 

?それから毎年買っているのが、シーガルというメーカーから出ている『歳時記カレンダー』です。こちらも季節感あふれる絵がたくさん描いてあって、お気に入りです!

f:id:tamuraic:20150103141937j:plain

 

?でも、歳時記カレンダーは、年間カレンダーどころか、前月・次月のカレンダーも掲載されておらず、そこがちょっと不便なので、となりに年間カレンダーも貼ってます。

今年買ったのは、高橋書店より今年から発売された年間カレンダーで、見やすくていいかな〜、と思って買いました。

f:id:tamuraic:20150103141927j:plain

 

?そして、年間カレンダーを眺めてたら、5月に4連休のゴールデンウィークがあるのは毎年のことですが、9月にも4連休があることを発見! と言っても、さすらい人生の私は、9月にどんな仕事をしてるかわからず、休日が休みなのかわかりませんが、日曜・祝日休みのお勤めの方は、いろいろ予約とかしないといけないでしょうから、今から計画を立てておくのがいいと思いますよ〜^o^

f:id:tamuraic:20150103141918j:plain

f:id:tamuraic:20150103141909j:plain