当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

東京駅開業100周年記念Suicaを買いに行ったんですが…ブログをやれば、みんな平和になりますよ^o^

平成26年(2014年)12月23日(火)

 こないだの土曜日(20日)、東京駅が開業100年を迎えました。

 

 日本の鉄道の歴史は、明治5年(1872年)に新橋と横浜の間に敷設されたことに始まります。その後、明治22年には神戸まで延伸され、さらに、上野駅から東北へ向かう路線も建設されることになり、帝国議会は新橋駅と上野駅を結ぶ新線の建設と、その中間に帝都・東京の中心となる中央停車場の建設を決定しました。

 

 それで、日本銀行本店などを設計した明治・大正期を代表する建築家、辰野金吾の設計により、大正3年(1914年)12月18日に鉄筋赤レンガ造りの駅舎が完成、「東京駅」と命名され、2日後の12月20日に開業したのです。

 

 その後、昭和20年5月の東京大空襲により屋根などが焼失、戦後に復元されるのですが、丸いドーム型の屋根は台形の屋根に変更されました。

 

 そして、2003年には、国の重要文化財に指定、さらに、2012年には、戦前の丸いドーム型屋根に復元され、現在に至っているのです。

 

 それで、100年を迎える今年、JR東日本はさまざまなイベントを実施してきたのですが、100歳の誕生日となる20日、記念の限定Suicaが売り出される、という情報を得たので、私も買ってみようかな〜、と思って、行ってまいりました。

 

 夜勤を終え、朝6時50分頃に到着したのですが、すでに場内アナウンスで「すでに8000人が並んでいます。今から並んでもSuicaは買えません」と繰り返し呼びかけられていました。

 

 私は、「えー、そんなに並んでるの〜」とびっくりしました。確かに100年という大イベントですし、JR東日本の公式サイトで見たら、おしゃれでシックなデザインで、私もできれば手に入れたいな〜、と思っていましたが、何が何でも手に入れたいものだとはどうしても思えず、土曜日の早朝から並ぶ人なんてそんなにいないだろうな〜、と高をくくっていました。

 

 そのあとの顛末は、大きく報道されることになってしまい、皆さんもご存知だと思います。当然、私も買うことができませんでした(というか、大行列を見て、はなから並ぶ気はありませんでした^^;;)。

 

 それで、とりあえず写真を撮ってきましたので、私なりのリポートを書きたいと思います。

 

?売り出される予定の丸の内南口改札から出ました。特設ブースが設置されていました。(20日7時4分撮影。売り出しは8時からの予定でしたが、あまりの大行列にこの10分後に売り出しが開始されました)

f:id:tamuraic:20141223225009j:plain

 

?買う人達をカメラに収めようと、報道陣もスタンバイです。

f:id:tamuraic:20141223224956j:plain

 

?東京駅前交番前に並ぶ人達です。当ブログはいつも客観的な描写と私の意見でほとんどが占められていますので、たまにはジャーナリスト精神を発揮し、一番前の女の子に何時から並んでいるのか聞いたら、朝4時から並んでるとのこと。うひゃー、私なんか1時間前に行けば余裕だろう、これも夜勤の特権だな〜、なんて思ってましたから、全然甘かったですね〜^^;;;

f:id:tamuraic:20141223224943j:plain

 

?そしたら、地下道の出口のところに「先頭」の張り紙を発見!交番前の人は、全然先頭ではなかったみたいです(せっかく勇気を出してジャーナリスト精神を発揮したのに…トホホ)。

f:id:tamuraic:20141223225217j:plain

 

 報道でも批判されていましたが、行列につきものの最後尾看板を持つ人もおらず、行列の整理もできておらず、どういう列が形成されているのか、全く把握できませんでしたね〜。まだ暴徒化はしていませんでしたが、すでに駅員に罵声を浴びせる人は多数いました。

 

 JRの事前の告知では「前日から列にお並びいただけません」となっていましたが、すでに前日の夜には1000人以上が並んでいたそうです。それで、結局、ルールを破って前日から並んでいた人が最初に買えたことから、さらにそのあとの暴徒化に拍車をかけたようです。

 

 でも、前日から並ぶ人を防止する対策って、どうすればいいんですかね〜。報道や現地で駅員に詰め寄ってた人達からも「整理券を配れ」という提案がなされていましたが、整理券を配ったって、その整理券をどういう方法で、どういうタイミングで配るか、って問題がありますよね〜。結局、整理券をもらうために前日から並んだり、午前8時きっかりから列に並んでいない人に配ります、なんてやったら、我先にと人が押し寄せ、大混乱が起きてしまいます。

 

 インターネットやハガキで申し込んで抽選制にすべき、と提案していた人もいましたが、そんな大げさな商品でない気がしますしね〜。100周年の記念の日にふらっと東京駅に行って記念品として買える、という感じでないと…。

 

 東京駅構内では、「TOKYO BOX」という100周年記念グッズを販売する臨時ショップが10月16日から来年1月4日まで開設されていて、そこで記念のTシャツやトートバック、Suicaを入れるパスケースなどたくさんのグッズが売られていています。記念Suicaもそれと同様の位置付けで良かったのではないかと思います。つまり、枚数や日にちを限定するのではなく、2ヶ月くらいの間に東京駅に行った人は買える、という形で良かったんではなかったのかと…。

 

 当初1万5000枚の発売予定だったのですが、あまりの混乱の為、8000枚が売れた9時40分の時点で販売を中止、遠方から電車賃を使ってきた人たちを中心に不満が爆発、一部暴徒化する、という”事件”に発展してしまいました。

 

 結局、JR東日本は来月下旬から2週間、郵送かインターネットで購入希望者を募り、応募者全員に1人3枚までという条件で販売することを決定しました(1枚2000円)。

 

 20日の発売直後から、インターネットオークションに記念Suicaが出品され、報道によると10万円の値をつけて、落札されたものもあったとか。物欲、所有欲の希薄な私には、現地に行ってもいないのに、JRが刷れば刷っただけ作れるような記念グッズを欲しいという感覚が理解できないのですが、コレクションマニアはそれほどまでして欲しいんでしょうかね〜。

 

?丸の内南口から並んだ行列は北口のはるか先まで続いていました(7時18分撮影)。

f:id:tamuraic:20141223224930j:plain

 

?さらに行列は道路にまで続き、1km先の日本橋口まで続いていたそうです(7時22分撮影)。

f:id:tamuraic:20141223225227j:plain

 

?無事買えた人たちをパチリ!

f:id:tamuraic:20141223225445j:plain

 

?無事買えた人は、早速テレビの取材を受けてました^^

f:id:tamuraic:20141223225207j:plain

 

?こちらは日本テレビの人気番組ZIPの取材を受ける女の子です。

f:id:tamuraic:20141223225157j:plain

 

?表情がお見せできないのが残念ですが、カメラに向かってドヤ顔で記念Suicaを見せる女の子です。

f:id:tamuraic:20141223225148j:plain

 

?私は、9時ちょっと過ぎに退散したのですが、まさかそのあとあんな騒動になっているとは、テレビのニュースを見てびっくりしました。

ニュース映像を見たら、せっかく並べられていた昔のブルートレインのヘッドマークも暴徒化したお客さんに倒されていましたね〜。「東京駅で働く社員皆で100周年に向けて話し合いました‼︎」のパネルが悲しすぎます(7時00分撮影)。

f:id:tamuraic:20141223225022j:plain

 

?東京駅の模型もこの後暴徒によって投げ飛ばされてました。現地に行って見てても、JR側の不手際が目立ち、お客さんが怒るのも当然だと思いますが、そういうの(=暴徒化するの)はちょっと違うんでない?って、ニュースを見て思いました(8時37分撮影)。

f:id:tamuraic:20141223225435j:plain

 

?今朝(23日)も夜勤の帰りに東京駅に寄ってみました。丸の内南口ドーム内です。3日前に大騒動が起きていたとは思えない静けさでした(6時56分撮影)。

f:id:tamuraic:20141223225425j:plain

 

?お詫びの張り紙もありました。

f:id:tamuraic:20141223225415j:plain

 

?記念Suicaのデザインと同じポスターが駅構内に貼ってありました。詰め寄られた駅員さんは、このポスターを見るたびにトラウマになってるかも^^

f:id:tamuraic:20141223225403j:plain

 

 最後に…

 私が現地に行った時も、何人もの人が駅員さんに詰め寄って抗議したり、罵声を浴びせたりしていました。

 

 早起きして遠方からわざわざ電車賃をかけてきて、ルール破りの徹夜組が買えて自分たちが買えなかったとなると、その怒りの心中は察するに余りあります。

 

 私も物欲がないと言っても、東京駅に向かう電車の中で、「3枚買ったら誰かに1枚あげようかな〜」なんて考えてワクワクしていました。だから、本来ならせっかく足を運んだのに買えないなんて、悔しいような、悲しいような、とても残念な気持ちにもっとなったと思います。

 

 でも、今回東京駅に着いてすでに8000人並んでいるとアナウンスを聞き、実際1kmも行列が続いていたのを見て、買えない悔しさよりも(うひょー、これは絶好のブログネタじゃねーか!)って心の中で思ってしまったのです。

 

 当ブログのような、非商業的な個人ブログのいいところは、たとえどんな結果になってもブログの記事にできることです。買えなかったら買えなかったで、それもナイスなブログネタになるのです。

 

 しかも、タイムラインで流れていってしまうTwitterとは違って、一応こんなブログでも1日200〜300人がアクセスして見てくださるのです。駅員さんに罵声を浴びせたり、家族や友人に愚痴ったり、ネットの掲示板に罵詈雑言を書き込むより、面白おかしくエピソードをブログに書いた方が、数倍精神衛生上いいと思います。

 

 だから、みんながブログをやって、それぞれ自由に思い思いの考えを書いたり、今日こんなことがあったよ、なんて書くようになれば、みんなおだやかになって、平和な世の中が訪れると思います。

 

 心なき人たちの中には、素人が私生活をブログに書いても誰も興味ないし、何が楽しいの?と言う人たちもいます。でも、普通の人が書く日記ブログが好きな人は少なからずいますし(私がそうです)、なによりブロガー自身が誰に迷惑をかけることなく精神衛生の向上も図れるのが、ブログを書く意義、醍醐味だと思います。だから、日記ブログを運営していて、(このブログ、誰が読むんだろ?面白いのかな〜?)と疑心暗鬼になっている方、これからも安心して継続してブログを書いていきましょうね〜(こんな結論…)。