読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



日曜日、水天宮(仮宮)から甘酒横丁をお散歩しました!

平成26年(2014年)9月30日(火)

 一昨日の日曜日、前の会社で一緒に働いていた元・女性社員で、いまだにお友達として仲良くしていただいている方2人(ともに既婚者)と、東京の馬喰町(ばくろちょう)でランチし、その後、横山町・浜町・人形町界隈をお散歩をしてきました^o^

 

 馬喰町・横山町と言えば、アパレルを中心とした問屋街として世界的に知られています。完全なビジネス街であり、繁華街ではないため日曜日は閑散としています。そんな街になぜ日曜日のランチにわざわざ出かけたかというと、以前働いていた会社のオフィスがこの界隈にあって、辞めたあとも私は何度か訪れているものの、彼女らは退職して以来5年以上もその界隈に足を踏み入れていないというのです。

 

 さらに、もうちょっと踏み込んで話をすると、その会社はその後別の会社に吸収合併され、オフィスは全く別の場所に移転してしまったのです。それで、元オフィスがあったビルなどを訪ね歩いて、ちょっとしたノスタルジックな気分に浸ってもらおうか、と思い、私がその界隈でのランチ&お散歩を企画(そんなに大げさなもんじゃないですが…)した、というわけだったのです。

 

 そして、その元・女性社員のうちの1人が、まもなく出産を控えている、ということで、馬喰町でランチのあと、旧オフィスを訪ね歩き、安産祈願でおなじみの水天宮でお参りし、甘酒横丁という商店街にある老舗のお茶屋さんでお団子を食べ、東京メトロ・人形町駅まで歩いていって帰路につく、というルートでお散歩してきました^o^

 

 今回のブログは、そのお散歩ルートのうちの後半部分、水天宮の仮宮から甘酒横丁で撮影した写真を載せたいと思います。

 

👇水天宮は、安産祈願では東京で最も有名な神社として知られています。戌の日になると、御祈祷を受けるために妊婦さんの長蛇の列が周辺の道路まで続き、それはもう、すごい光景になります(あの行列に耐えられたら、安産間違いなし、と思ってしまいます^^)。

もともとは、日本橋蛎殻町の人形町通り(水天宮通り)と新大橋通りの交差点に鎮座していますが、耐震性の問題などもあり社殿が建て替えられることになり、昨年の3月から日本橋浜町の明治座前に一時的にお引っ越ししているのです。

ちょっと光って見にくいかもしれませんが、そのことについてのお知らせも貼ってありました。平成30年までに建て替える、との記述もありますので、結構先ですね!

f:id:tamuraic:20140930130919j:plain

 

👇奥に見えるビルが、明治座(劇場)です。

f:id:tamuraic:20140930130931j:plain

 

👇本宮よりはこじんまりしましたが、全てが新しく、この一角だけ清新な空気が流れていました!

f:id:tamuraic:20140930130909j:plain

 

👇手水舎も新しくて気持ちがいいです。

f:id:tamuraic:20140930130848j:plain

 

👇日曜日ということもあり、たくさんの方がお参りに来ていらっしゃいました。

f:id:tamuraic:20140929165408j:plain

 

👇ロイヤルパークホテル(東京メトロ・半蔵門線水天宮前駅)との間に、土・日・祝日と戌の日に無料送迎バス「子宝丸」が運行されているようでした。さすが、戌の日は増発してますね〜。普通の路線バスなら、こんなダイヤの組み方はないですよね〜^^

ちなみに、水天宮前駅(地下鉄)はその名の通り、もともとの水天宮のあったところの真下にありますが、今の仮宮は、都営新宿線・浜町駅が鉄道の駅では最寄り駅です(歩いてすぐ)。水天宮前駅からでも歩いて行けない距離ではないですが、かなり歩きますので、とくに妊婦の方はまちがわないようにしてくださいね〜!

f:id:tamuraic:20140930133514j:plain

 

👇現在の水天宮(仮宮)から人形町通り(東京メトロ・人形町駅)までは、「甘酒横丁」という通りになっています。距離は250mほどなのですが、老舗の名店がたくさんあって、なかなか楽しい通りになっています。

ちなみに、「甘酒横丁」の名は明治時代からの呼称で、明治時代の始めに、人形町通り沿いの横丁の入口のところに「尾張屋」という甘酒を売る店があった(現存せず)のが由来だそうです。

f:id:tamuraic:20140930131034j:plain

 

👇その中で、「森乃園」というお茶屋さんで、ちょっとブレイクしました!ここは、ほうじ茶を2階で自家焙煎しており、いつ通ってもほうじ茶のいい香りがします。

f:id:tamuraic:20140930131137j:plain

 

👇森乃園は大正3年創業で、今月でちょうど創業100年だそうで、日曜日から今日までの3日間、店内商品全品がなんと30%オフという大盤振る舞いセールをしてました。お茶はもちろん、急須や湯のみ茶碗なども3割引で売っていました。

f:id:tamuraic:20140930131124j:plain

 

👇そんな中、なんと極上ほうじ茶が、100g830円のところ100円という衝撃価格になっていました(100周年だから?)。さすがに、1人2点限りという規制がかかっていましたが、3つ目以降も30%オフは適用されていました。

一緒に行ったうちの1人は、早速購入し、より良いものをより安く買う、という、賢い主婦魂を発揮していましたね〜^o^

f:id:tamuraic:20140930131020j:plain

 

👇2階は甘味処となっていて、美味しいお茶とともにパフェやあんみつ、かき氷、お団子などがいただけるようになっていましたので、そちらでお散歩ブレイクです。

f:id:tamuraic:20140930131007j:plain

 

👇私は、抹茶ラテ&お団子2本のセット850円をチョイス。が、こちらも30%オフになっていましたので、かなりのお得価格でした!抹茶ラテもお団子も、超美味でした!!

f:id:tamuraic:20140929165356j:plain

 

👇1階では、ソフトクリームも売っていて、とくに「ほうじ茶ソフトクリーム」が美味しいと人気で、当日もたくさんの方がお店の周りで食べていらっしゃいましたね〜。

ここは、ほうじ茶ビールなども売っていて、100年という伝統にあぐらをかくことなく、アグレッシブに商品開発していることが伺えるお店です。

f:id:tamuraic:20140930131151j:plain

 

 そんなわけで、久々に元・社員の方と、元のオフィスがあった界隈をお散歩してとても楽しかったです!学校を卒業したり、会社を辞めたり、家を引っ越したりすると、その街にめっきり足が向かわなくなることって、多いですよね〜。ふとしたとき、そういった街を訪れてお散歩してみると、いろんな思い出が蘇って、楽しいですよ〜^o^

 

★最後におまけの3枚です!

 

👇私は稲毛海岸の自宅に帰るため、東京メトロ・人形町駅から日比谷線に乗って、八丁堀駅でJR京葉線に乗り換えたのですが、八丁堀駅に可愛らしいポスターが貼ってありました。マナー啓発のポスターです。

長髪のひつじの若者が、おじいさんヤギに席を譲っています。それを、子供を連れたサルのママが微笑ましく見ている、という絵でした。

ヤギのおじいさんのはいているズボンは、ちゃんと尻尾が出せるような穴があいていたんですね〜。ちょっと、はくのがめんどくさそうです^^

それから、席のところに謎のもわもわが!これは、今まで座っていた席を開けました、ということを絵で表しているんだと思いますが、一瞬、ひつじの若者がおじいさんヤギのために自分の毛でクッションを作ってあげたのかな、と思ってしまいました^^

f:id:tamuraic:20140929165344j:plain

 

👇ポスターの右下にいたのは、マナーを見守る女の子、ミテルちゃんでした。ちゃんと望遠鏡みたいなのぶら下げていますネ!

f:id:tamuraic:20140929165335j:plain

 

👇そして、絵の中の電車の窓に貼ってあった優先席のステッカーをよく見たら、ちゃんとおじいさんヤギ、カンガルーの妊婦さん、親子連れのサル、怪我をした猫、の図柄になっていました。いろんな動物が利用する電車なんですね!もしかしたら、東武動物公園行きかも…^o^

f:id:tamuraic:20140929165323j:plain