読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



鎌倉五山の第五位、浄妙寺で御朱印をいただいてきました!

平成26年(2014年)9月27日(土)

 5月より、鎌倉五山を第一位から順にお参りし、御朱印をいただいて参りましたが、今朝、ついに最後の第五位の浄妙寺(じょうみょうじ)に行ってきましたので、今回はそのことを書きます(鎌倉五山および浄妙寺の詳しい御縁起などは省略します。また、念のため、鎌倉五山を順番に回らなければならないルールがあるとか、回ったら特別な御利益がある、とかは一切ありません。私は変なところが律儀なので、順番に回りたくなっただけなのです^^)。

 

👇最寄り駅は、JR横須賀線・鎌倉駅です。駅から浄妙寺までは2.5kmくらいですので、歩いても全然問題ない距離ですが、初めて行く場所ですので、鎌倉五山巡りで初のバス利用です。

f:id:tamuraic:20140927225455j:plain

 

👇鎌倉駅東口を出て右側に5番線バス停があります。そこから京浜急行バスの太刀洗行き(鎌23系統)かハイランド循環(鎌36系統)に乗ります。

f:id:tamuraic:20140927225429j:plain

f:id:tamuraic:20140927225442j:plain

 

👇鎌倉駅から10分もしないうちに、「浄明寺バス停」に着きました。バス停の名称やこの辺りの住居表示は「浄明寺」となっています。運賃は200円(ICカード利用195円)でした。バス停のちょっと先に薬局があり、その手前の道を左折するとすぐに浄妙寺の山門が見えました!

f:id:tamuraic:20140927225137j:plain

 

👇浄妙寺の山門(拝観入口)です。

f:id:tamuraic:20140927224741j:plain

 

👇山門をくぐると、すぐ左手に受付があり、そこで拝観料100円を納めました。御朱印もそこで受け付けていました。建長寺や円覚寺と同じ、御朱印帳を預けるシステムでしたが、番号札システムではなかったので、ちょっと不安になりました^^;

f:id:tamuraic:20140927224715j:plain

 

👇山門の右側には、境内の案内図も。本堂の裏手には、足利貞氏(尊氏のお父さん)の墓所や、藤原鎌足が夢のお告げにより鎌を埋めた場所で、それが「鎌倉」の地名の由来になった、とも言われる(諸説あり)鎌足神社もあるようですが、今回はスルーしました。

f:id:tamuraic:20140927224728j:plain

 

👇正面に立派なお堂が見えてきました。Wikipediaには「婦人病に霊験のある神とされる淡島明神立像を安置することから、婦人病の祈願所とされている」との記述もありました。最近、当ブログの友好ブログである『お気楽主婦☆まるの自由帳』の作成者であるまる2005さんがぎっくり腰になったり、昔働いていた会社の社員で、いまだにお友達のお母様がご病気になられたり、さらに、別の元社員の方が出産を控えていたりと、「婦人病」というカテゴリーからは外れますが、女性ということで、一応まとめて(?)ご無事をお祈りしてきました。

f:id:tamuraic:20140927224701j:plain

 

👇本堂の左側には「茶堂 喜泉庵」という建物があり、枯山水の素敵なお庭を見ながらお茶をいただけるようでした。

f:id:tamuraic:20140927224648j:plain

f:id:tamuraic:20140927224927j:plain

 

👇茶堂 喜泉庵の奥に行くと階段があって、そこをずっと登って行くと、お休み処の「石窯ガーデンテラス」というのがあるようでした。

f:id:tamuraic:20140927224913j:plain

f:id:tamuraic:20140927224859j:plain

 

👇お寺の境内とは思えない、可愛らしい洋風の建物が現れました。これが、石窯ガーデンテラスという、カフェレストランみたいなところです。

f:id:tamuraic:20140927224845j:plain

f:id:tamuraic:20140927224829j:plain

 

👇入口のところに、メニューと改装工事を知らせる貼り紙がありました。間もなくリニューアルオープンのようです。

f:id:tamuraic:20140927225053j:plain

 

👇お店の中をのぞくことが出来ず、一人入るのが少し勇気がいりましたが、入ってみることにしました。

f:id:tamuraic:20140927225043j:plain

 

👇外のテラスでは、素敵なイングリッシュガーデンを眺めながらコーヒーやケーキをいただけました。私が入店した時は、7〜8名のお客さんがいましたが、皆さん外のテラス席を利用していました。

f:id:tamuraic:20140927225208j:plain

 

👇メニューです。

f:id:tamuraic:20140927225033j:plain

 

👇何にしようか迷っていたら、ケーキのサンプルを持ってきていただきましたので、パチり!ひとつひとつ説明していただいたのですが、ちょっと失念してしまいました^^;;

f:id:tamuraic:20140927225023j:plain

 

👇それで、迷ったらメニューの筆頭に書いてあるものを頼むという、いつもの方式で、紅茶・フローラと石窯の焼きプリンをオーダーしました!

f:id:tamuraic:20140927225013j:plain

 

👇お庭を見ながらお紅茶をいただきました。生活の一切を忘れて、こういう時間が永遠に続けばいいのに、という感覚になりました^^;;;

f:id:tamuraic:20140927225219j:plain

 

👇お庭に出ることも出来ました。しかし、入口の貼り紙にもあった通り、リニューアル改装中ですので、建築資材がおいてあったり、電動のこぎりや金槌の音がしたり、ちょっと風情はそがれました。お店の方も、その点を恐縮されていました。

それから、9月も終わりだというのに、周りの木々では、ツクツクボウシがしぶとく鳴いていました。いまだお嫁さんが見つからないのでしょうかね〜。なんか妙に親近感…。

f:id:tamuraic:20140927225157j:plain

 

👇最後に、お店の中も写真を撮らせていただきました。お店の方は、男性2名に女性1名がいらっしゃいましたが、お3方とも、超超超感じのいい接客でしたね〜!

f:id:tamuraic:20140927225147j:plain

 

👇最後に御朱印をいただきました。番号札がなくても、ちゃんと御朱印帳を渡していただきました。そんなに参拝される方も多くなかったので、顔覚えてますシステムでしたね〜^^;;

御朱印は3種類ほどあるようでした。私は、全くお寺とか仏教とかに造詣が深くないので「代表的なやつで…」と言っていただいた御朱印です。優しい感じの字で、いいですね〜。でも、よく見ると、日付が9月29日になってますね(今日は27日)^^

f:id:tamuraic:20140927225624j:plain

 

 と、鎌倉五山を回ってきましたが、石窯ガーデンテラスの雰囲気がとてもよかったこともあり、もしかしたら、私の中の鎌倉五山ランキングで、1位が出ちゃったかもしれません。

 

★私は歩くの大好き人間ですので、帰りは歩いて鎌倉駅まで帰りました。その道中で撮った、おまけの写真7枚です。

 

👇バス通り(金沢街道)の脇に滑川という川が流れていて、そこに大量の鯉がいて、餌がもらえると思っているのか、こちらに向けて大きな口を開けていました^^

f:id:tamuraic:20140927225337j:plain

 

👇そして、鴨もいて、お互い突っついたりしてけんかをするわけでもなく、仲良く泳いでいました。

f:id:tamuraic:20140927225349j:plain

 

👇「岐れ道(わかれみち)」という交差点がありました。ふと、私の人生の岐れ道はいつだったのかと、振り返ってみちゃいました。もしかしたら、これからもあるかな〜^^でも上の標識のように、人生は一方通行で神様が決めた通りの道に進むしかないと思っていますがね〜^^

f:id:tamuraic:20140927225325j:plain

 

👇バス停の名前も、岐れ道でした!

f:id:tamuraic:20140927225313j:plain

 

👇鶴岡八幡宮の鳥居が見えてきました。地元の人でなければこの角度から鳥居を見ることはないと思います。バスに乗った感覚よりも歩いた方が浄妙寺からすぐに感じられました。途中、素敵なレストランや雑貨屋さんもたくさんありましたし、お天気がよければ健脚の方は歩いて行くのもおすすめです^o^

f:id:tamuraic:20140927225300j:plain

 

👇バスに続いて人力車。人を載せる乗り物の歴史を、一気にひとつの写真に収められた気がします^o^

f:id:tamuraic:20140927225519j:plain

 

👇今回、鶴岡八幡宮はスルー。御朱印もまだいただいていません。もちろん、今後機会があればお参りしていただく予定です!

f:id:tamuraic:20140927225508j:plain