読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



第1回ご当地牛乳総選挙の投票が始まりました!

平成26年(2014年)9月23日(火)

 ついに東京・秋葉原で総選挙が始まりましたね〜。あっ、6月の当ブログの記事でも書いた、大人気アイドルグループの総選挙じゃありませんよ!

 

 前回に引き続き、中央・総武線ネタで恐縮ですが、JR中央・総武線(各駅停車)の秋葉原駅ホームには、牛乳スタンドがあります。そこで、「第1回 ご当地牛乳総選挙」のポスターが貼ってあったのを見つけたので、今日はそのことを書きたいと思います。

 

f:id:tamuraic:20140923094435j:plain

 

 JR秋葉原駅は、山手線と京浜東北線の高架ホームの上をさらにクロスして中央・総武線の高架ホーム(5・6番線)がまたぐ、という構造になっています。それで、5番線ホーム(御茶ノ水・新宿方面)と6番線ホーム(船橋・千葉方面)のそれぞれに、牛乳スタンドがあるんです。

 

 結構、ひっきりなしにお客さんが来て、パンとかジュースも少し売ってるんですが、ビンの牛乳がメインで、ここを見てると、意外と世間は牛乳好きが多いんだな〜、と感じてしまいます。

 

 私は、20年くらい前に大学受験のために上京したとき初めて利用して、冬の東京は乾燥しているので、冷えたビンの牛乳がすごく美味しく感じられた印象がありますね〜。それと、地元の新潟では見かけたことがない、牛乳スタンドという商売が成立するのか、東京って、何でもあるんだな〜、という感想をそのとき持ちましたね〜^^

 

 それで、私は丑年・牡牛座ということもあって(?)、牛乳大好き人間ですので、投票に参加しようと思い、ヘンなところに生真面目さがあるので、全6種類飲んで比べてみることにしました^o^

 

👇5番線ホーム(お茶ノ水・新宿方面)にある牛乳スタンドです。

f:id:tamuraic:20140923094326j:plain

 

👇一方、対面式ホームの反対側の6番線ホーム(船橋・千葉方面)にある牛乳スタンドです。こちらは「酪(らく)」という店名になってますね。しかも、上の英語表記が「LUCK(=英語で「幸運」の意)」となっているのがステキ!

f:id:tamuraic:20140923094309j:plain

 

👇ご当地牛乳の看板がまとめられていました。

f:id:tamuraic:20140923094425j:plain

 

 それで、飲んだ6種類の写真を撮りましたので、載せたいと思います。もちろん、1日で6種類はキツいので、数日に分けて買いに行きました。

 

👇福島県代表の「酪王牛乳」です!

f:id:tamuraic:20140923094455j:plain

 

👇群馬県代表の「みんなの牛乳」です!

f:id:tamuraic:20140923094444j:plain

 

👇千葉県代表の「かずさ牛乳」です!

f:id:tamuraic:20140923094415j:plain

 

👇東京都代表の「東京牛乳」です!唯一の紙パックでした。

f:id:tamuraic:20140923094653j:plain

 

👇長野県代表の「信州安曇野牛乳」です!

f:id:tamuraic:20140923094259j:plain

 

👇岐阜県代表の「飛騨牛乳」です!

f:id:tamuraic:20140923094336j:plain

 

👇ところで、なんで「酪王牛乳」と「かずさ牛乳」は陳列写真なの?ホントは飲んでないんじゃないの?と疑い深い方もいらっしゃると思いますので、証拠写真です。写真を撮らせてもらう前に、お店の人がラベルをくるりと取ってしまったんです^^;;

f:id:tamuraic:20140923094319j:plain

 

 それで、飲み比べた結果なんですが…「どれも雑味がなく美味しく、甲乙つけがたい」という感じでした^^;; ただ、牛乳には製法の決定的な違いがあって、高温殺菌と低温殺菌というのがあります。

 

 一応、低温殺菌の方が、本来の牛乳の風味が活かされ、栄養も多く残っているとされているものの、手間がかかるため高価であり、消費期限も短めになります。高温殺菌は、薄味で水っぽい感じにはなるものの、殺菌力は強いため消費期限も比較的長く、安く出荷できる、という、それぞれのメリット・デメリットがあります。

 

 6種類の中では、「みんなの牛乳」と「飛騨牛乳」が低温殺菌でしたが、低温殺菌牛乳と高温殺菌牛乳は明らかに味が違っていて、これは飲めば誰でも違いがすぐに分かります。国内に出回っている牛乳はほとんどが高温殺菌ですので、普段の牛乳を飲み慣れている人には、低温殺菌の牛乳はクセが強く飲みにくいかも。

 

 私はどちらも好きです。最近はもっぱら安い高温殺菌牛乳を買いますが、実家は生協に加入していたこともあり、子供の時は低温殺菌牛乳を多く飲んでいたこともあって、私にとっては低温殺菌牛乳は懐かしい味でした。

 

 ところで、低温殺菌製法は「パスチャライズド製法」とも呼ばれます。なんか、へんてこりんな名前に感じますが、なんとこれは英語で「パスツール式」という意味なんです。そうです、あのフランスの有名な細菌学者のルイ・パスツール博士が由来なんです!フランスではワインの腐敗を防止するため高温殺菌法が使われていたんですが、それだとワインの風味が損なわれてしまいます。そこで、パスツール博士は、低温で長時間殺菌することで、風味を損なわず、ワインの腐敗も防止する方法を編み出し、それが牛乳にも応用されたんですね!

 

 さて、第1回ご当地牛乳総選挙は、中央・総武線秋葉原駅ホームにある牛乳スタンド独自の企画のようで、メーカーとのタイアップ企画、とかではないみたいです。ポスターによれば、今週投票が行われ、10月いっぱい結果が掲載されるようです(結果発表のみで、何かが当たる、とかはないみたいですね^^ ;;)。 中央・総武線ユーザーで、秋葉原駅をよく使う方で牛乳好きの方は、投票してみてはいががでしょうか?^^