読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

サンシャイン水族館で、もうどく展を見てきました!

平成26年(2014年)7月15日(火)

 先週の土曜日、12日より、東京・池袋のサンシャイン水族館で、夏期特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどくてん)~毒を持つ生き物~」が始まりました!

 

 これは、世界の毒を持ったいろんな生物を集めて展示する、という企画です。私も早速、初日の12日に、見に行って参りました。

 

👇もうどく展のポスターです。左上の可愛らしい動物は、スローロリスというサルの仲間で、毒を含んだ唾液で身を守るそうです^^;;

f:id:tamuraic:20140714103053j:plain

 

👇サンシャイン水族館は、サンシャインシティのワールドインポートマートビルの屋上にあります。1階のところには、もうどく展のポスターも貼ってありました!

f:id:tamuraic:20140714101147j:plain

f:id:tamuraic:20140714101137j:plain

 

👇水族館へは、1階から専用のエレベータに乗って行きます。エレベータの中は、水中をイメージさせる内装が施されていました。こちらにも、もうどく展のポスターが貼ってありますね!

f:id:tamuraic:20140714101156j:plain

 

👇エレベータを降りると、右手にチケット売り場があります。こちらでは、水族館入場券、水族館とサンシャイン60展望台とのセット券、水族館ともうどく展のセット券のみの販売です。

水族館には入らずに、もうどく展を単独で見ることもできます。その場合は、さらに奥の右手にあるもうどく展入り口で入場料600円を払います。

f:id:tamuraic:20140714101127j:plain

 

👇もうどく展の単独入場は600円ですが、水族館・展望台・プラネタリウム・J-WORLD TOKYO・ナンジャタウン・博物館のチケットを持っているか、水族館年間パスポート(大人1人4000円)を持っている人は、半額の300円で入場することが出来ます。

f:id:tamuraic:20140714102545j:plain

 

(参考)

【サンシャイン水族館に単独で入場する場合の料金】

大人(高校生以上) 2000円

子供(小・中学生) 1000円

幼児(4歳以上)   700円

シニア(65歳以上) 1700円

★窓口では、もうどく展とのセット券(+300円)も発売。もちろん、単独券でもチケットの半券をもうどく展入り口で提示すれば、300円で入場可。

 

【サンシャイン水族館とサンシャイン60展望台セット券の料金(窓口販売のみ)】

大人(高校生以上) 2350円

子供(小・中学生) 1300円

幼児(4歳以上)   900円

シニア(65歳以上) 2000円

チケットの半券をもうどく展入り口で提示すれば、300円で入場可。

 

【サンシャイン60展望台に単独で入場する場合の料金】

大人(高校生以上) 620円

子供(小・中学生) 460円

幼児(4歳以上)         310円

シニア(65歳以上) 500円

★チケットの半券をもうどく展入り口で提示すれば、300円で入場可。

 

👇60階建ての超高層ビルでおなじみの、サンシャイン60は、水族館があるワールドインポートマートビルのすぐ隣に建っています。

f:id:tamuraic:20140714122138j:plain

 

👇もうどく展の入り口です。黄色い可愛らしいオブジェは、猛毒のヒョウモンダコです^^;

f:id:tamuraic:20140714102536j:plain

f:id:tamuraic:20140714101206j:plain

 

👇入り口には、「毒」と書かれたカーテンがかかってました。

f:id:tamuraic:20140714102526j:plain

 

👇もうどく展は、水族館のあるフロアの一角で開催されていますので、結構こじんまりしてました。せっかく池袋まで出かけるのなら、水族館や展望台も一緒に見ると、料金も割引になるので、おススメです^o^

f:id:tamuraic:20140714102517j:plain

 

👇壁もおどろおどろしい「毒」のデザイン。そして、生物の展示されているところに貼ってあるパネルには、毒の強さを示すアイコンがあり、その解説もありました。

f:id:tamuraic:20140714102834j:plain

f:id:tamuraic:20140714102507j:plain

 

 ところで、展示されていた生物は、私が数えたところでは以下の33種類でした(数え漏れはご容赦ください。また、期間中、展示生物が変更になる場合もあるそうです)。参考までに、列記しておきます。

 

(魚類)

リーフスティングレイ(→写真あり)

ハナミノカサゴ(→写真あり)

ミナミハコフグ

コンゴウフグ

ラクダハコフグ

オニダルマオコゼ(→写真あり)

ソウシハギ

マアナゴ(→写真あり)

ヌノサラシ

シマキンチャクフグ

ハオコゼ

ゴンズイ

 

(ハナギンチャク、イソギンチャクの仲間)

ムラサキハナギンチャク

ヒメハナギンチャク

ハナブサイソギンチャク

 

(貝の仲間)

タガヤサンミナシ

アンボイナガイ

 

(ウニの仲間)

ラッパウニ

ガンガゼ

 

(タコの仲間)

ヒョウモンダコ

 

(クラゲの仲間)

アカクラゲ(→写真あり)

 

(ナマコの仲間)

アデヤカキンコ

 

(ヒトデの仲間)

オニヒトデ(→写真あり)

 

(カニの仲間)

スベスベマンジュウガニ

 

(ムカデの仲間)

ベトナムオオムカデ(→写真あり)

 

(カエルの仲間)

ジュウジメドクアマガエル(→写真あり)

 

(トカゲの仲間)

アメリカドクトカゲ(→写真あり)

 

(クモの仲間)

ゴライアスバードイーター(→写真あり)

 

(サソリの仲間)

ダイオウサソリ

 

(サルの仲間)

スローロリス

 

(植物)

トリカブト(→写真あり)

キョウチクトウ

マンドレイク(マンドラゴラ)

 

 一応、全種類写真を撮ったのですが、動きの速い魚などはなかなか上手く取ることが出来ませんでした。また、ポスターにあったスローロリスや、入り口にオブジェがあったヒョウモンダコは、陰に隠れていて上手く撮影できませんでした。

 

 それで、比較的上手く撮れた(と自分で思っている)写真を掲載します(上のリストで→写真あり、と書いてあるものです)。

 

ご注意:このあと、いろんな生物(ムカデやクモなど)の写真が出てきますので、苦手な方は絶対に見ないでください。

 

👇入ってすぐのところにいた、リーフスティングレイ(上)とハナミノカサゴ(下)です。

f:id:tamuraic:20140714102822j:plain

f:id:tamuraic:20140714102810j:plain

 

👇アカクラゲです。

f:id:tamuraic:20140714102757j:plain

 

👇オニヒトデです。水槽にはり付いていたところを接写です。

f:id:tamuraic:20140714102956j:plain

 

👇こちらは、岩に擬態するオニダルマオコゼです。背中のトゲに強い毒があるそうです。

f:id:tamuraic:20140714102944j:plain

 

👇こちらはおなじみのマアナゴ。実はアナゴの生血には毒があるので、熱を加えないと食べられないのです。アナゴの刺身がないのは、そういう理由なんですね〜。

f:id:tamuraic:20140714102932j:plain

 

👇こちらはベトナムオオムカデ。脚が片側21本ずつの計42本あります。攻撃的な性格で、毒でネズミを弱らせて食べるそうです^^;;

f:id:tamuraic:20140714102920j:plain

 

👇世界最大の毒グモと言われるゴライアスバードイータです。毒性はさほど強くはないそうですが、お腹にある毒針を脚で蹴飛ばして敵を追い払うそうです。ベネズエラでは、このクモを火であぶって、食べるそうです、なお、後ろのガイコツは、演出上置かれているものです。

f:id:tamuraic:20140714103143j:plain

 

👇背中から、乳液上の毒を出すジュウジメドクアマガエルです。私は、カエルがものすごく好きなのですが、結構毒を持っている種類が多いですよね〜。

f:id:tamuraic:20140714103118j:plain

 

👇こちらは、アメリカドクトカゲ。トカゲの仲間では、唯一毒を持っているそうです。トカゲも好きな動物です^^

f:id:tamuraic:20140714103106j:plain

 

👇水族館の特別展だけあって、水の中の生き物の展示が多かったですが、一部植物の展示もありました。おなじみのトリカブトです。

f:id:tamuraic:20140714103130j:plain

 

 いかにも毒を持っていそうな風体の生き物から、ホントに毒あるの?と思える、美しい生物、可愛らしい生物まで、いろんな有毒の生物を見られて、面白い企画でした^o^

 

 もうどく展の開催は、9月28日(日)までで、時間は以下の通りです(水族館も同じ)。

 

7月12日から18日  10:00〜20:00

7月19日から8月8日 10:00〜21:00

8月9日から17日   9:00〜21:00

8月18日から31日  10:00〜21:00

9月1日から28日       10:00〜20:00

(入場は終了30分前まで)