読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

円覚寺で御朱印をいただきました!

平成26年(2014年)6月24日(火)

 先月の建長寺に行ったことについて書いたブログで予告した通り、こないだの土曜日(21日)、鎌倉五山の第二位、円覚寺(えんがくじ。「が」と濁音になるのが正式の読み方のようです)に行って御朱印をいただいてきましたので、今回はそのことについて書きたいと思います。

 

👇円覚寺は、JR横須賀線の北鎌倉駅から歩いて1分のところにあります。鎌倉幕府8代執権の北条時宗が創建したお寺で、当時のモンゴル帝国が日本に攻めてきた、いわゆる元寇の戦没者を追悼するために創建したお寺です。日本側、モンゴル側の双方の兵士が分け隔てなく供養されているそうです。

f:id:tamuraic:20140623083700j:plain

 

👇円覚寺は、すぐ前に横須賀線が通っているんですが、踏切から鎌倉街道までの土地も、実は円覚寺の敷地で、白鷺池(びゃくろち)という池になっています。これは、明治時代の富国強兵策で、軍港である横須賀港への鉄道を建設するため、円覚寺の敷地内に強引に線路を通したためなんだそうです。

f:id:tamuraic:20140623083734j:plain

f:id:tamuraic:20140623083717j:plain

 

👇階段を昇ると、総門がありました!

f:id:tamuraic:20140623083646j:plain

 

 総門をくぐると、受付所があって、建長寺と同様、拝観料を払って境内に入ります。値段も建長寺と一緒の大人300円、子供100円、団体割引はありません、でした。建長寺と同じく禅宗の臨済宗のお寺ですので、門やお堂の配置も似ていて、いろいろなシステムも似ていると思いました。ちなみに建長寺は、時宗のお父さんの北条時頼(5代執権)が創建したお寺なのです。

 

👇受付所です。「小人」という表記は久々に見ました^^

f:id:tamuraic:20140623083633j:plain

 

👇拝観料を払おうとしたら、なんとビックリ!Suica、PASMO対応でした!!さすが、駅前にある寺院ですネ!^^

f:id:tamuraic:20140623085030j:plain

 

👇受付所を入るとすぐ左側に御朱印所がありました。境内の上の方では、観音様の御朱印もいただけるようですが、先月のブログでも書いたように、私の御朱印集めは多種類を目的としていませんので、そこのお寺の代表的な御朱印をいただいています。

土曜日でしたので、たくさんの御朱印を申し込む参拝客の方がいらっしゃいました。受付の方によると、30分はかかるとのこと。建長寺と同じく、受付所に御朱印帳を預けて、境内参拝です。

でも、なんと、出来上がった御朱印帳は、番号札をつけて、前にずらーっと並べられていました。間違って持って行っちゃう人とかいないのかな〜、とちょっと不安になりました。それに、みすぼらしい御朱印帳だと、ちょっと恥ずかしいかも^^

そしたら、受付の方が、他の参拝客の方に、御朱印帳に住所と名前を書いておくといい、間違って持って行かれても、ちゃんと戻ってくるから、と、納得いくようないかないような説明をされていました。

考えてみたら、私の御朱印帳は買った時のままで、住所も名前も書いてませんでした。今度書こうと思います。

f:id:tamuraic:20140623083908j:plain

 

👇建長寺と同じく番号札システムです。25番でした。建長寺は26番でしたので、ワンランクアップですネ!

f:id:tamuraic:20140623083858j:plain

 

👇三門で〜す!

f:id:tamuraic:20140623083847j:plain

 

👇仏殿で〜す!

f:id:tamuraic:20140623083837j:plain

 

👇仏殿の中は、御本尊の宝冠釈迦如来坐像が安置されていました。外国人の方もたくさんお参りしていました。顔、言葉からすると、いろんな国から見えているようでした。

中には、お寺なのに拍手を打ったり、合わせた手を上下左右に小刻みに揺らして念を入れている外国人参拝客の方もいらっしゃいましたが、それもご愛嬌ですネ!日本のすばらしい文化財を多くの国の人に見ていただくのは、日本人としてとてもうれしいと思いました。

ところで、10年くらい前に、家族でオーストリアのウィーン市にあるシュテファン大聖堂というところに観光に行きました。それはツアー旅行で、20組くらいの日本人旅行客の方とご一緒だったのですが、みなさん建物の豪華絢爛さに見とれていて、お参りしていたのは、私たちの家族だけでした(まあ、うちの家族もキリスト教のお参りの仕方はよくわからなかったので、仏教式に手を合わせていただけですがね〜)。

観光スタイルは、人それぞれでいいと思うのですが、一応外国とは言え宗教施設なんだから、「私、アンチキリスト教だから、お参りは絶対しない」という方以外は、お参りぐらいしてもバチは当たらないのになあ、とそのとき思いましたね〜。円覚寺でお参りをしていた外国人を見て、急にそんなことを思い出しました。

f:id:tamuraic:20140623084425j:plain

 

 三門の奥には、方丈(ほうじょう)という建物がありました。もともとは、お坊さんが住んでいる建物を方丈というのですが、今は、法要や座禅会など、いろんな行事に使われているそうです。

 

👇方丈は中に入って、庭園を見ることができました。

f:id:tamuraic:20140623084037j:plain

 

👇靴を脱いで中に入ります。そこには「帽子はおとりください」の貼り紙。本来このような貼り紙がなくても、室内では帽子を取るのが基本的マナーなんでしょうね。でも、ファッションの自由の問題もあるので、ビミョーな問題ではありますが…。

f:id:tamuraic:20140623084027j:plain

 

👇こんな感じで、お庭を眺めることができます。

f:id:tamuraic:20140623084006j:plain

 

👇神奈川県内で唯一の国宝建造物である舎利殿方向をパチり!でも、さすがに国宝だけあって、近くで見学することはできませんでした。

f:id:tamuraic:20140623084016j:plain

 

👇方丈の縁側のところに、何やらカメラを構える方が多数。なんだろう、と思って近づいてみると…

f:id:tamuraic:20140623084153j:plain

 

👇猫が寝ていました。お天気もよかったので、気持ち良さそうに日向ぼっこです。

f:id:tamuraic:20140623083957j:plain

 

👇顔のアップ。可愛らしい寝顔でした。こんなに近づいても微動だにせず、でした^^;;f:id:tamuraic:20140623084202j:plain

 

 最後に、洪鐘(おおがね)という、国宝の釣り鐘を見に行きました。時宗の子供の北条貞時が寄進したもので、1301年に完成した釣り鐘だそうです。

 

👇洪鐘の案内の貼り紙がありました!「国宝」という貼り紙にしては、ずいぶん下の方にある気がしますが…^^;

f:id:tamuraic:20140623084133j:plain

 

👇なんと、洪鐘は、階段を昇って行かないといけません!「どのくらい昇らないといけないの〜」と嘆くマダムの集団もいらっしゃいました。いくら国宝を見られるとは言え、たしかに階段昇りはめんどうですよね〜。

f:id:tamuraic:20140623084444j:plain

 

👇上には見晴し台と、ところてんのお店があるようです。ところで、この看板、「国宝」はあくまで洪鐘であって、「福ところてん」は国宝ではありませんよ〜^o^

f:id:tamuraic:20140623084435j:plain

 

👇う〜ん、運動不足の脚に結構来る階段!下の鳥居のところから数えたら、133段ありました!

f:id:tamuraic:20140623084454j:plain

 

👇ようやく上まで昇って、ありました!国宝の洪鐘です!!

f:id:tamuraic:20140623084246j:plain

 

👇洪鐘の隣には、下の看板にあった通り、茶屋がありました!

f:id:tamuraic:20140623084123j:plain

 

👇おしながきです。筆書きのお品書きには似つかわしくない「ジュレ」というのも気になりましたが、筆頭に一番太字ででかく書かれた「ところてん」をオーダーです。

f:id:tamuraic:20140623084259j:plain

 

👇ここも番号札システムでした!今度は19番。どんどんランクがあがっています^^

f:id:tamuraic:20140623084337j:plain

 

👇来ました、ところてん!甘みつと、酢醤油の選択ができましたが、私は甘みつを選びました。他の方のを見ていましたら、氷あずきを頼んでいる方もいて(おしながきにあったかな〜?)、そっちがよかったかな〜、なんて少し思いました。もちろん、このところてんも美味しかったですが、どうしてもブログをやっていると、自分が食べたいものより、ブログに載せるにはどれがいいかな〜、という選択になってしまいます^^;;

f:id:tamuraic:20140623084324j:plain

 

👇お店の中の様子です。一応、見晴し台になっていますが、景色自体は、そんなに「おーっ」って感じにはならないと思います。

f:id:tamuraic:20140623084311j:plain

 

👇境内の所々で、可愛らしいアジサイの花が咲いていました!

f:id:tamuraic:20140623084142j:plain

 

 そんなこんなで、出口に戻ってきました。御朱印はできているかな〜?

f:id:tamuraic:20140623084534j:plain

 

👇やったー!私の御朱印帳もちゃんと並べられていました。一番左のが、私のです!

f:id:tamuraic:20140623084416j:plain

 

👇今月も無事御朱印ゲット!カッコいい御朱印です!!

f:id:tamuraic:20140623084524j:plain