読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



銀座でぶらぶら&ブラジルコーヒー! ザックジャパンもがんばれ〜^o^

平成26年(2014年)6月14日(土)

 ついに、オリンピックと並ぶ4年に一度の楽しみ、FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップのブラジル大会が昨日13日に開幕しましたね!(記事中の日付、曜日、時刻は全て日本時間です。長文ですが、最後に美味しいコーヒーの写真が待ってますよ^o^)

 

 ワールドカップがブラジルで開かれるのは、1950年以来64年ぶり2回目です。スタジアムは一部が未完成のまま開幕し、大会に向けて建設していたモノレールは工事中に橋桁が落下して作業員が死亡するという事故が発生、さらにワールドカップに反対する市民デモ(いまさら?)や、この機に乗じた警官や地下鉄の労働組合によるストライキなど、様々な問題が発生しているようですが、なんとか無事に大会を成功させてほしいと思います。

 

 それに何と言っても、ブラジルはサッカー王国。国民のほとんどがサッカーに関心があり、テレビでやってたのですが、街行く人にサッカーボールを渡したら、老若男女問わず、誰もが上手にリフティングをこなしてました。たとえば日本で、柔道や空手の形をやって、と言われても、私も含めできない人が多いですよね〜^^

 

 そんなブラジルは、ワールドカップの歴代優勝回数は5回で第1位。今回も、実力+地の利を生かして、優勝候補最有力と言われています。

 

 FIFAワールドカップは、32の国・地域が出場し、抽選で4チームずつがA組〜H組の8組のグループにあらかじめ分けられています。

 

 それで、まず、1次リーグとして、グループ内の4チームが総当たりで1試合ずつ対戦(つまり各チーム3試合)し、グループ内の1位と2位のチーム(8組で16チーム)が決勝トーナメントに進出します。

 

 グループ内の順位の決め方ですが、もちろん勝ちが多いチームが上位にいけるのですが、サッカーは他の球技に比べて引き分けが多い特徴があります。そこで勝ち点という制度を採用し、勝利したら3点、引き分けでも1点、負けたら0点、という基準で点数をつけて、点が多いチームが上位にいける、というシステムになっています。

 

 それでは、勝ち点が並んだらどうするのか?そうなったら、3試合の合計の得点から失点をマイナスした数(得失点差)の多い方が上位にいく、という決まりになっています。

 

 だから、1次リーグでは、勝つことはもちろん大切ですが、より多く得点し、より少ない失点で抑える、ということも、決勝トーナメントに進出するための大切なポイントになるのです。

 

 そして、16チームが進出する決勝トーナメントですが、組み合わせはすでに決まっています。A組1位vsB組2位、A組2位vsB組1位、C組1位vsD組2位…という感じで、1次リーグの1位通過チームと2位通過チームが1回戦を戦っていき、そこで勝ったチーム同士が次の対戦をしていって、最後まで負けなかったチームが優勝、ということになります(夏の高校野球大会と同じシステムですね)。

 

 今大会の決勝戦は、7月14日(月)の朝4時にキックオフとなります。これから1ヶ月間、熱い戦いが繰り広げられるのですね。楽しみです!

 

 それで、我が日本代表(FIFAランキング46位)ですが、コロンビア(同8位)、ギリシャ(同12位)、コートジボワール(同23位)とともにC組に入りました。FIFAランキングはかなり低いですが、サッカー通に言わせると、FIFAランキングはさほど勝敗に関係ないみたいです。

 

 前回の南アフリカ大会(2010年)でも、日本はE組に入りましたが、当時のFIFAランキングは45位。同じ組のオランダが4位、カメルーン19位、デンマーク36位と、やはり日本は一番低かったものの、見事に決勝トーナメントに進出(2位通過。1位通過はオランダ)しました。

 

 この大会で監督を務めた岡田武史さんは先日の朝日新聞とのインタビューで、「総合力でなら、1次リーグの中では日本はコートジボワールとギリシャより確実に上。1位突破もありうると思う」と分析。

 

 もちろん、他の3チームもかなりの実力があるのは間違いないですが、3チームとも過去のワールドカップで決勝戦まで進んだことはなく、そういう意味では、”超強豪”というわけでもないらしいです。日本代表にも十分決勝トーナメント進出のチャンスはありますね!

 

 それで、日本代表の初戦は、明日15日(日)朝10時キックオフのコートジボワール戦(NHKが中継)、2戦目は20日(金)朝7時キックオフのギリシャ戦(日本テレビが中継)、3戦目が25日(水)朝5時キックオフのコロンビア戦(テレビ朝日が中継)です。

 

 明日のコートジボワール戦は時間帯がいいので、すごい視聴率になりそう!また、平日の2試合も、ちょっと早起きすれば見られる時間帯です。ただ、通勤時間帯にかかりますので、スマホなどで観戦しながら通勤する人が続出しそうですネ!夢中になって、人にぶつかったり、ホームから転落しないように、歩きながらの観戦はダメですよ〜^o^

 

 それで、決勝トーナメントに進めば、ウルグアイ(FIFAランキング7位)、イタリア(同9位)、イングランド(同10位)、コスタリカ(同28位)で構成されるD組と対戦。1位で通過した場合は、29日(日)朝5時キックオフのD組2位と(フジテレビが中継)、2位で通過した場合は、30日(月)朝5時キックオフのD組1位と(NHKが中継)対戦することになります。

 

 さて、毎度おなじみの長い前置きも終わり、いよいよ本題です^^;;;

 

 みなさんは「銀ぶら(ブラ)」ってしたことありますか〜。これは、東京の銀座を、当てもなくぶらぶら歩くことを言い、辞書にも載っている言葉なんですが、どうも、実は語義(語源)は違っているみたいなんです。

 

 一説によると、大正時代に、慶應義塾大学の学生が、銀座にブラジルコーヒーを飲みに行くことを「銀ブラ」と呼ぶようになったそうなんです。「ぶら」は「ぶらぶら」でなく、「ブラジル」だったというわけですね。

 

 ただ、この説にもはっきりした根拠はないみたいで、語源うんちくにはつきものの”諸説ある”という状態のようなんです。でも、この”慶応の学生が発祥説”自体ははっきりしたカフェの名前が限定されていて、それが、明治44年(1911年)開店した「カフェーパウリスタ」というところで、その店にコーヒーを飲みに行くことを「銀ブラ」と言ったそうなんだそうです。

 

 明治時代に水野龍という人が興した皇國植民会社を通して、日本からたくさんの移民がブラジルに渡り、同国の発展に貢献しました。その功績をたたえられた水野さんは、サンパウロ州政府から、アジアにおけるブラジルコーヒーの独占販売権をもらったのです。

 

 それで、水野さんは、日本でのコーヒー豆の販売事業に乗り出すとともに、かの大隈重信公の支援を受けて、現在の銀座6丁目、交詢社ビルの向かいに、「カフェーパウリスタ」を開店したのです。

 

 そのお店は、当時の作家やジャーナリスト、画家や演劇人といった文化人の社交場としてその名を知られたそうなんですが、関東大震災や軍国主義の影響によりカフェは閉店、日東珈琲という社名に変更してコーヒー豆の輸入・販売事業のみ行っていたそうなんです。

 

 そして、その会社が、1970年に新たに「カフェーパウリスタ」を開業、現在に至っている、というわけ。

 

 ワールドカップのブラジル大会の話題からの強引な流れではございますが、そのお店に行ってきましたので、そのことを書きたいと思います。

 

👇現在のカフェーパウリスタは、新橋に近い銀座8丁目の中央通り沿いにありました。博品館のはす向かいぐらいの位置です。

f:id:tamuraic:20140613114149j:plain

 

👇「長崎センタービル」という、かなりレトロな感じの複合ビルの1階です。このビル、長崎新聞社や長崎放送の東京支社が入居していたり、地下には長崎料理のお店があったりしました。長崎県が所有してるビルなんですかね〜???

f:id:tamuraic:20140613114159j:plain

 

👇レトロ風看板。「カフェー」でなく「カフヱー」となっているのが、いいですネ!

f:id:tamuraic:20140613114137j:plain

 

👇お店の前に、カッコいい紋章もありました。「パウリスタ」とは、ブラジル語(ポルトガル語)で、「サンパウロの〜」や「サンパウロっ子」という意味があるそうですよ(英語で言う「ジャパニーズ」や「ニューヨーカー」と同じですかね〜)。

f:id:tamuraic:20140613115205j:plain

 

👇どれを頼んでいいのか分からなかったので、メニューの一番上にあった「森のコーヒー」(430円)を頼みました!ブラジルの農園で、農薬や化学肥料をいっさい使わない、まさに森の状態で穫れたコーヒー豆を使っているそうです。雑味がなく、美味しいコーヒーでした。

f:id:tamuraic:20140613114954j:plain

 

👇店内はこんな感じ。70年代には、来日したジョン・レノンが奥さんのオノ・ヨーコをつれて、コーヒーを飲みに通い詰めたそうです。

f:id:tamuraic:20140613114941j:plain

 

👇ブラジルの国旗が掲げられていました。でも、ワールドカップに便乗したようなものは、ゼロでした。

f:id:tamuraic:20140613114911j:plain

 

👇新聞は、一般紙や日経と、スポーツ紙では私が確認した限りでは日刊スポーツとスポニチがおいてありました。ちょうど1面が、ワールドカップの記事でした!

f:id:tamuraic:20140613114926j:plain

 

👇レジのところに、「銀ブラ証明書」なるカードがおいてありました。さすがに、お店としては「銀ブラ=銀座でブラジルコーヒー」説を取らざるを得ませんよね〜。後ろはポイントカードになっていて、10ポイントためるとドリンク1杯サービスだそうです。ちなみに、日付は自分で記入式ですね^^;

f:id:tamuraic:20140613115155j:plain

 

 ところで、常にバランスを考える私は、「銀ぶら=銀座をぶらぶら」説にも配慮しないといけないと思いました。それで、とりあえず、中央通りをぶらぶらして帰ってきました!

 

👇銀座をぶらぶらする人たち。銀座5丁目交差点(中央通りとみゆき通りの交点)付近です。

f:id:tamuraic:20140613115732j:plain

 

👇一応Macユーザーとして、アップルストアも写しました。でも、1、2度しか行ったことがありません。

f:id:tamuraic:20140613114224j:plain

 

👇銀座のランドマークは、やっぱり4丁目交差点(中央通りと晴海通りの交点)の和光と三愛ドリームセンターですかね〜。どちらもデザインがいい!いつまでも残してほしいビルです。ちなみに、当ブログに載せる写真で初めて、iPhoneのパノラマ機能を使って撮ってみたんですが、いかがでしょうか?なんか、道路が不思議な歪み方をしてますよね〜。使い方、合ってたのかな〜。

f:id:tamuraic:20140613114209j:plain

 

👇こんなこともあろうかと、普通に撮った写真もありますよ^^;

f:id:tamuraic:20140613142956j:plain

f:id:tamuraic:20140613142941j:plain