読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当ブログは解体作業中 予告なく閉鎖されることがあります

AKB総選挙に初投票しました!

平成26年(2014年)6月3日(火)

 実は私は、今までAKB48のコンサートに行ったことも、CDを買ったことも、曲をダウンロードしたことも、1度もありませんでした。

 

 しかし、2年前のAKB総選挙のテレビ中継をたまたま見て、あまりに面白かったので、私も総選挙に投票してみたいなー、と思うようになりました。

 

 そして今年、ついに初めてCDを購入して投票権を得て、投票することにしました(もちろん、当ブログ的には、3月に書いた「ジェイ★ディーズ」の全面応援の姿勢は変わりません!!)。

 

 それで、近所のショッピングセンターの中にあるレコード屋さんに行って、今回の総選挙の投票券が入っている『ラブラドール・レトリバー』というCDを買いに行きました。CDはさすが目立つところに置いてあって、すぐに見つけたのですが、なんとそこでビックリ、同じ『ラブラドール・レトリバー』というCDでも、いろんな種類があったんですね〜。

 

 いったいどれを買えばいいのか分からず、店員の方に聞くのもなんとなく気恥ずかしかったので、周囲の目を感じながらも、売っているCDのジャケットを見比べながら、どれを買うべきかその場で選定しました。

 

 そのお店に売っていたのは、タイプA、K、B、という3種類で、さらに、それぞれに初回限定版と通常版がありました。AKBの公式WEBサイトによれば、他にもタイプ4や、会員にならないと買えない劇場版というのもあるみたいです。

 

 それで、私が確認したところ、初回限定版と通常版は、値段は1524円+税と一緒なんですが、それぞれビミョーに違っていて、初回限定版には握手会の参加券が、通常版にはメンバーの水着姿の生写真が入っている、とのことでした。

 

 それで、タイプ別にジャケットに写っているメンバーも違っていて、中のCDやDVDは内容はほぼ同じものの、一部違う内容が組まれていました。それに、何と言っても初回限定版のジャケットは水着、通常版はお洋服を着ている写真になっていました。

 

 なるほど〜、これが世に言う“AKB商法”か〜、と思いました。とくに、男子には、コレクション欲や、コンプリート欲というのが強くありますから、全種類買っちゃいたくなる人はたくさんいるんでしょうね〜。それでも飽き足らず、握手券や投票権を求めて、同じ種類のCDをたくさん買う方も多いと聞きます。う〜ん、商売がウマい!

 

 それで、私はというと…ホントにコアなAKBファンの方が聞いたら「ふざけるな!」って言われそうですが、あまり家に所有物を増やしたくないという思いがあり、似たようなCDを何枚も…というのは、私のトレンドには合わないので、1枚だけ購入しました。

 

 それで、初回限定版と通常版の選択ですが、私は初回限定版にしました。あっ、これは別に水着のジャケットだからというわけではなく(その理由も全くゼロではありませんが…)、通常版に入ってる生写真をもらっても仕方がないと思いまして…(コアなAKBファンの方、ホントすみません)それに、初回限定版には握手会の参加券が入っていて、握手会というのも1度行ってみたいと思っていたので、ちょうどいいかな〜、と思いました。

 

 さらに、3種類のタイプの選択ですが…これはタイプKにしました。どうしてかについては、後述します。

 

👇通常版も買って、重ねて素早く動かせば、眼の残像現象(パラパラ漫画の方式)によって、メンバーがまるで動いているかのようにお洋服になったり、水着になったり、といった楽しみ方ができたかもしれませんね〜。そんなことを考える私も、はや41歳になりました…。

f:id:tamuraic:20140603105345j:plain

 

 それで、肝心の総選挙の投票です。これは、CDの中に「投票シリアルナンバーカード」というのが入っていて、カードに書かれているQRコードを携帯電話やスマホで読み取るか、パソコンならカードに書かれているURLを直接入力して、専用のサイトにアクセスします。そこで、投票するメンバーを名前かチームから検索して選び、カードに書かれている16桁のシリアルナンバーを前後の8桁ずつ入力し、投票ボタンを押すと、投票終了となりました。とても簡単でした!

f:id:tamuraic:20140603105209j:plain

 

 さて、誰に投票したかですが…読んでいただいてる方にはどーでもいいことだと思いますが、これは私なりに悩みましたね〜。AKB48に対する興味はゼロではないものの、さほどの知識や思い入れがあるわけでもなく、メンバーもテレビによく出ている方以外は???という方ばかり…。

 

 ところで、先月25日に、岩手県内のAKB握手会の会場で、24歳の男が、隠し持っていたのこぎりでメンバーを襲撃するという、とんでもない事件が発生しました。

 

 それで、メンバーの川栄李奈さん(19歳)と入山杏奈さん(18歳)と男性スタッフの3人が負傷し、入院、手術を余儀なくされるという事態に。さらに、その光景を目の当たりにした他のメンバーも気分が悪くなり病院に運ばれる、という惨事になりました。

 

 負傷した3人は幸いにも命に関わる怪我ではなかったものの、3時間の手術が必要な大怪我でした。

 

 でも、川栄さんと入山さんは、翌日には退院し、病院前で報道陣に対し元気な様子を見せ、ファンのみならず、多くの国民を安心させました。

 

 この事件によって、握手会や総選挙が中止になるのでは、と心配するファンの声も報道され、実際、事件直後は、AKBはもちろん、他のアイドルグループのイベントなども中止になるなどの影響が出ましたが、今後セキュリティ態勢を強化し、総選挙や握手会などのイベントも予定通り開催されることになって、とても良かったと思います。

 

 2008年に東京・秋葉原で発生した無差別殺傷通り魔事件では、その後事件の影響で歩行者天国が廃止になりました(2011年に復活)。その時も思ったのですが、この手の事件が起きて、イベントを中止したり、ちょっと過剰とも思える反応をするのは、犯人、あるいは犯行を企てている人間に対して、自分の行動で世の中は変えることができるんだ、という間違ったメッセージを送ってしまうのではないかなあ、と思うんです。

 

 一部の人間の愚行により、全体が迷惑を被るというのは、とても納得がいかないことですが、愚行を犯すアホな人間がいる限り、それを防ぐためにセキュリティ強化という不便を強いられるのは仕方ないことです。

 

 でも、イベント自体をなくしたりするのは、完全に犯人側の思うツボになりますので、断じてやるべきではないと思います。

 

 さて、退院した川栄さんは、28日にレギュラー出演しているテレビの生放送に電話で出演し、冗談を交えながら明るく対応した、というニュースを見ました。

 

 突然、男にのこぎりで襲われ怖かっただろうに、その3日後には明るくテレビ出演するという彼女のプロ根性というか、肝のすわり具合はすごいと思いました。

 

 彼女は、テレビ番組の学力テスト企画で珍解答を連発し、いわゆるおバカキャラで人気があるんですが、今回の対応はファンのみならず、事件現場に居合わせた他のメンバーも救ったと思います。普段明るくおバカなキャラの彼女が、もし落ち込んだ様子を世間に見せたら、これからAKBはどうなってしまうのだろうかと、みんなを不安にさせたと思います。

 

 手術直後でゆっくり寝ていたかったと思いますが、彼女は自分の立ち位置、役割というものがよくわかっているというか、ぜんぜんおバカじゃないなー、という感想を持ちました。

 

 と、ここまで読んでいただいた方は、まさか、と思われたかもしれません。そうです、私は川栄さんに1票投じようと思ったんです。これは、同情票というよりは、応援票ですね。

 

 でも、そこでまたまた困ってしまいました。川栄さんに投票して、入山さんに投票しないのでは、なんかバランスが悪くなってしまいます。

 

 そこまで悩むんなら、もう一枚CD買えばいいことなんですが、あくまで1枚にこだわります(たんなるケチですかね〜^^)。

 

 それで、AKB総選挙では、投票開始の翌日時点での得票数が、速報値として発表されることになっています。それを見たら、川栄さんは立候補者296名中45位、入山さんは77位でした。

 

 それで、公式WEBサイトによると、上位16位までは、次のシングル曲を歌うことができる選抜メンバーに、それ以下は、アンダーガールズやネクストガールズといったカテゴライズはあるものの、とにかく80位までは”当選”として扱われるようです。

 

 私には、17位〜80位までのカテゴリーにどんな違いがあるのかよくわからなかったのですが、過去の投票結果を見ると、速報値で30位以下だったメンバーが最終結果で選抜メンバー入りした例はありませんでした。

 

 つまり、川栄さんは選抜メンバー入りは難しいが、”当選”枠入りはほぼ確実、一方、入山さんは、80位の当落線上にいる、といった状況です。

 

 ところで、政治学の用語で、「バンドワゴン効果」と「アンダードッグ効果」というのがあります。これは、公選挙において、マスメディアによる事前の選挙予測が有権者の投票行動に与える影響を研究したものです。

 

 それで、「バンドワゴン効果」というのは、世間の潮流に乗ろうとしたり、劣勢と言われている候補への投票が死に票になることを恐れたりして、優勢と言われている候補に投票する、という有権者の傾向を言います。

 

 一方、「アンダードッグ効果」というのは、わずかに劣勢、と言われている候補に対し、同情票や、自分の票で当選させられるかもしれない、という心理が働いて、逆にその候補に投票する、という有権者の傾向を言います。

 

 もうお分かりでしょう。私は「アンダードッグ効果」によって、入山さんに投票したのです。千葉県出身というのも、親近感がわきましたしね〜。

 

 と、かなり長々と書いてきましたが、ここまでおつきあいいただいた方、貴重なお時間を取らせてすみませんでした。まあ、私の1票くらいでは、大勢に影響ないのは分かっているんですがね〜^^;

 

👇投票寸前の画面です。ところで、なんでCDをタイプKにしたかというと、川栄さんと入山さんの2人ともジャケットに写っていたからなのです。私の半分の年齢にも満たない彼女たちですが、立派に成長したなー、と親戚のおっさんのごとく、夜な夜な水着姿を眺めようかな〜、と思っております。開票は今度の7日土曜日夜、東京・調布市の味の素スタジアムで行われ、テレビ中継もされるとのこと。楽しみですね〜^o^

f:id:tamuraic:20140603105158j:plain