読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy-Go-Lucky Дневник

当ブログは2018年3月31日を以って完全終了(廃止)いたします!

2016年12月21日 新ブログ開設!


http://www.tamuratakuto.com/



ブログのスタートは…日本橋から!

平成26年(2014年)2月11日(火)

 ブログの最初の記事はどんなことを書こうかな〜、と思案しておりました。それで、私は橋が好きなので、東京の日本橋(東京都中央区日本橋)に行って写真を撮って、ブログに載せよう、と思い立ちました!

 

 初代の日本橋は、江戸幕府が開かれた1603年(慶長8年)に完成。そして、翌年幕府によって制定された五街道(東海道、日光街道、奥州街道、中山道、甲州街道)の起点として、この日本橋が選ばれたのです。

 

 木造の日本橋はその後火事で焼けるなどして何度も架け替えられ、現在の橋は20代目として1911年(明治44年)に完成。百年以上の歴史があって、国の重要文化財に指定されています。

 

 現在も、江戸時代からの伝統で、日本の道路の起点となっていて、橋の中央には「日本国道路元標」というプレートも埋め込まれてるんです。

 

 日本のすべての道は、この日本橋から始まっています。それで、このブログも日本橋からスタートさせることにしました!

 

👇日本橋の全景です。上にかかるのは首都高速道路。高度成長期の1963年に、突貫工事で作られました。道路を通す土地がないので、日本橋川の上に高架を沿わせるという、なかなかすごい発想ですよね〜。

f:id:tamuraic:20140206163901j:plain

 

👇車道は片側2車線のこじんまりしたものですが、歩道は両サイドにたっぷり設けられていて、渡るのが楽しくなる橋です。四隅の親柱には、獅子の像があって、通行人を見守ってくれています。

f:id:tamuraic:20140206165444j:plain

 

👇モダンなルネサンス様式の石造二連アーチ橋です。ちょーカッコいい!

f:id:tamuraic:20140206163825j:plain

 

👇親柱には、漢字で「日本橋」、ひらがなで「にほんばし」と書かれたプレートがありました。これは、江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜が揮毫(きごう=毛筆で字を書くこと)したものだそうです。完成時、江戸の面影を残せるようにと、当時の東京市長・尾崎行雄が依頼したそうです。

f:id:tamuraic:20140206163647j:plain

f:id:tamuraic:20140206163751j:plain

 

 

👇橋の中央、両サイドには、翼を広げた麒麟の像も。上の高架で少し窮屈そうですね。観光客の方もたくさん写真を撮られていましたが、何人もの方から「高速道路じゃまだね〜」の声が聞かれました。建設から50年経って老朽化も進み、耐震性の問題もあって、建て替えるならいっそ地下に潜らそう、という計画もあるみたいです。高架がなくなったら、すてきな光景になるとは思いますが、試算では建設費が4000〜5000億円もかかるらしく、実現はなかなか難しいかもしれませんね。私が生きている間には無理かも。。。

f:id:tamuraic:20140206165616j:plain

 

👇橋のたもとには、全国各都市までの距離が書かれた石碑もありました。私が現在住む千葉市も、私の出身地の新潟市もあって、少しうれしくなりましたね〜。ちなみに、数字の下の、米偏に千という漢字ですが、これは「キロメートル」です。メートルは漢字で「米」と表記するので、「米」+「千」で1000メートル、すなわちキロメートル、ということなんですね!

f:id:tamuraic:20140206170312j:plain

 

👇西日本バージョンもありました。鹿児島市は1469キロメートルも離れてるんですね。でも、道路でつながってると思うと、なんか、ロマンを感じます。

f:id:tamuraic:20140206163336j:plain

 

👇車が来ないタイミングを見計らって、道路中央に埋め込まれた「日本国道路元標」をパチり!ちなみに、こちらは、1964〜72年に総理大臣を務めた佐藤榮作による揮毫だそうです。

f:id:tamuraic:20140206164241j:plain

f:id:tamuraic:20140206163050j:plain

 

(写真はすべて、2014年2月6日に撮影したものです)

(記事作成にあたり、三井不動産の『まち日本橋』というWEBサイトを参照しました)